無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第28話

ゆまとのお別れ(2)
ゆま
弥生、夕夏梨、寝てる?
笹原 夕夏梨
スースー(寝息)
主人公 弥生
寝てないよ。
ゆま
語ろう。
時刻は12:00もう寝ないといけない時間。
ゆま
私さ、考えたんだよね。
主人公 弥生
何を?
ゆま
いじめについて。
暗い部屋。暗い話の予感。
ゆま
いじめるだけ、ましだよね。
どういう事?
主人公 弥生
......
見えないけど、隣に寝てるゆまの目をみる。
ゆま
陰口のほうが私は嫌い。陰口ゆーとか弱くて行動起こせない糞以下の人がする事だと思う。
ゆまが糞という彼女の可愛い顔に似合わない言葉を言ったのはともかく、
確かにそうだな。
ゆま
だから、弥生がアイツらに何かされても、陰口だけは言わないで。
主人公 弥生
うん.....
この後何話したのか覚えていない。次目を開けて見えたものは天井だった。
ゆま
弥生起きろ、
主人公 弥生
おはよう、
寝ぼけたふりして、ゆまに抱きつく。
ゆま
おい‼w 
笹原 夕夏梨
わーずるいw
主人公 弥生
夕夏梨ちゃん何が⁉
笹原 夕夏梨
抱きついてんの、ゆま私がだきつこーとすると避けるもん。何で弥生ちゃんはいいの。
ゆま
良くないけど、急だったから。
夕夏梨ちゃんと結構仲良くなれた。
そんなこんなでお別れの時間、今は空港でお別れシーン
ゆま
バイバイ
ゆま泣いてるじゃん。
主人公 弥生
バイバイ。
ゆま
なんでないてんのっ
主人公 弥生
ゆまもー
熱いハグをして、お別れした。悲しいよ。
春休みは一瞬で過ぎて、新学年。

私は、1人で登校した。クラス発表を見に行く。私のクラスは......

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る