無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

遊園地‼
日曜日になって、私、ゆま、亮太君は電車でこれるなかで一番大きい遊園地に行くことになった。3人は家が近いので、私のマンションの前集合になった。
主人公 弥生
いってきまーす
ママ
気をつけてねー。
階段を下りる。ゆまと亮太君はもういた。
主人公 弥生
皆、早いねー。
ゆま
えー弥生が遅いだけだよ。
相原 亮太
三秒遅刻。
主人公 弥生
細かw 
ゆま
じゃーいこっか。
相原 亮太
うん
主人公 弥生
うん。
遊園地に着いた。
ゆま
わー結構混んでるね。
日曜日だからか、友達同士、家族ずれが多かった。
相原 亮太
入園券買いに行こ。
入園券を買って入った。
ゆま
まずなに乗る?
主人公 弥生
ジェットコースター‼
ジェットコースターに乗ることにした。
係員
3人ですか?
ゆま
はい
係員
一列、二人なので、誰か一人に.......
相原 亮太
俺、一人でいーよ
主人公 弥生
いやいや、ゆまと亮太君で乗りなよ。
ゆま
いいの?(照)
相原 亮太
いいよ.......
ラブラブじゃん。
前の列に亮太君、ゆま。後ろの席に私が乗った。2人の会話がきこえる。
相原 亮太
ゆまちゃん彼氏いるの?
ゆま
今はいないです。
相原 亮太
好きな人は
ゆま
うーん、気になる人は居ます。
相原 亮太
俺も、というか敬語止めよw 
まあどうせ気になる人はお互いだろうけど
何てうちに一番てっぺんに来た。
落ちる。
相原 亮太
ぎゃああああああああああ。
ゆま
.........
平凡なところになる。
ゆま
亮太先輩、絶叫系無理なの⁉
相原 亮太
まあ、ちょっと苦手かも。
降りる。
このあともいろいろ乗ってお昼になった。
主人公 弥生
なに食べる?
ゆま
ホットドッグは?
相原 亮太
いいね
主人公 弥生
良いと思う。
皆でホットドッグを食べることになった。
主人公 弥生
ゆま口にケチャップw 
相原 亮太
ほんとだw 
ゆま
どこー
ゆまが自分のほっぺを触るけれど取れない
相原 亮太
ここだよ。
亮太君が自分のほっぺを指して言う。
食べ終わって午後からも楽しもう‼と思ってゆま達に行こーって言おうとしたら。
主人公 弥生
いない......
はぐれたー(泣)
とりあえず、探そう。
来た道を戻っていく
主人公 弥生
(見つかんない)
どんどん焦って走り出していた。
ドンッ
誰かにぶつかる。
主人公 弥生
すいません、
顔を見ると
主人公 弥生
先生.....
先生だった
山崎先生
草野一人?
中学生が一人で遊園地来ないでしょ。
主人公 弥生
はぐれました。先生は?
山崎先生
人待ってる。
主人公 弥生
でわ、さようなら。
探しに行こう。止まってられない。
山崎先生
一緒に探してやる。
主人公 弥生
(先生に)迷惑だからいいです。
山崎先生
子供なんだからちゃんと大人に甘えなさい、ほら探すぞ。
手を引っ張られた、先生の手は暖かくてかじかんだ私の手を暖めてくれた。
主人公 弥生
先生、
山崎先生
なんだ?
主人公 弥生
好きです。
なにいってんだ、私。
間が空いた。
先生の答えは.......

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る