無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

ゆま、ずっと大好きだよ。
3日が過ぎて、きずけば春休みまで一週間。今日もゆまと登校中です。
主人公 弥生
ww 
ゆま
ww 
私達の会話はいつも楽しい。
ゆま
ところでさ、
ゆまが急に真面目な顔になる。
ゆま
私、転校する。
えっ、
主人公 弥生
本当に?
どうせ冗談でしょ。
ゆま
ううん、ガチ
主人公 弥生
何で、
ゆまの表情は悲しそうだった。
それで、ほんとだってわかった。
ゆま
お父さんの仕事の都合。
主人公 弥生
どこに行くの?(近くだったら、遊びに行けるよね?)
ゆま
###島
聞いた事もない。
ゆま
離島で、凄い田舎。中学校も10人位しかいないところなんだ。
主人公 弥生
いつ行くの?
ゆま
三月末。
主人公 弥生
お別れパーティーしよ‼
ゆま
ありがとう。でも、島には中学校までしかないから、中学校卒業したら戻って来るよ。
それでも、寂しいんだ。
主人公 弥生
(泣きそう)
ゆま
弥生....涙目....
主人公 弥生
ゆま、泣いてるじゃん。
ゆま
だって寂しいんだもん。
主人公 弥生
私も。
ゆま
うわああああん
主人公 弥生
うわああああん。
二人で登校中いっぱい泣いた。
ゆま
お別れパーティーの時は泣かないでね‼行けなくなるから。私も泣かない。
主人公 弥生
うん。
ゆま、ずっと大好きだよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
🌟十こした‼
めっちゃ嬉しいです‼後、もうすぐ👀も700‼1000目指せ‼

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

超特急青空線🐧
超特急青空線🐧
こんにちは、こんばんは、おはようございます。超特急青空線です。ちょうとっきゅうあおぞらせんです。名前長くてすいません。中学生です。 現在、センコイを書いています。❤、⭐が無くても、読んでもらえることが幸せです。👾。 名古屋弁少々あるかもしれません、でないように気をつけますがあったら、コメントで教えていただけると嬉しいです。 コメント💬返します。 初心者なので、へたですが、宜しくお願いします。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る