無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

雪ふり、つもる
「··········じゃあわかった。明日もこの時間にここで会おう。もうすぐ夜明けだ。家族にバレたらやっかいだろう?」

今日は平日。そろそろ学校へ行く準備もしなくちゃならない。両親に深夜の外出がバレたら面倒だ。

「明日··········か。」

顔をあげて、疑うような眼差しを僕に向けた。

「絶対だ。約束する。」

「わかった。」

意外とあっさりと承諾した。

しかし、光が宿らない瞳のまま、ほとんど呟くように口を動かした。

「今日が最初で最後だったりして。」

それは僕に対する言葉ではなかった。
まるで自嘲するように口の端をあげるのだ。

僕はそれを見逃さなかった。



_______________だから、嫌だった。

彼女が抱えている『秘密』があまりにも生々しく、重大そうだから。

あの手の冷たさは、陶器のような白さは、ただ事じゃないと、既に僕は悟っていた。

『絶対だ。約束する。』

そういった次の日、僕は公園に行かなかった。これ以上面倒なことに巻き込まれるのはごめんだったし、僕に話したところで彼女がどう変わるわけでもないだろう。

自分のこと以外に頭を使っている余裕はない。

夜に追われることで手一杯だ。


.......


「続いて、関東甲信越です。明け方にかけて各地で二十センチの積雪が予想され·····」

ラジオから流れてきた天気予報。

約一年ぶりの雪が降るとのことだった。

「あいつ、どうなったんだろう。」

約束をすっぽかしてから、一週間は経っていた。そのことに対する罪悪感はわかなくて、逆にそっちの方に罪悪感が芽生えた。

風呂に入って、本を読んで、時計を見たらもう二時になっていた。

少しだけ窓を開けてみる。

「雪··········」

粉砂糖のような白い結晶が、わずかながらもとめどなく降りそそぐ。

その寒さにピシャリと勢いよく閉めた。
窓枠を触った指先も、一瞬で体温が奪われた。

「··········」

僕はGパンとジャンパーという、この前とまったく同じ装備をして、再び夜をすり抜けた。

念の為に、傘を二本玄関先から抜き取ると、スニーカーで駆け出す。

念の為、だ。

結論から言うと、あの日の僕の判断は間違っちゃいなかった。

彼女はひとりでブランコをこいでいた。髪の毛にも鎖を持つ手にも、雪がつもりつつあった。

ずっと、僕を待っていたという。

「あれから毎日来てたのか?」

「もちろん。」

僕が約束を守らなかったと気づいても、それでも彼女は来た。

「自信があった。」

「何の?」

「絶対、君が来るって。」

「来ないつもりだったよ。」

本当だ。僕は寒いのが嫌いだから。

「でもほら、」

僕をじっと見る。

「やっぱり来てくれたじゃん。」

人形のように均一な白い肌。鼻の先だけうっすらと赤く染めて、ふふっと笑った。