無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

モトキ×ダーマ (後編)
―――モトキ目線

オレは堪らなくなり

ダーマの足の間に入り自分のを押し当てた。
ダーマ
ダーマ
んっ...
ダーマの可愛い声が漏れた。











その声と同時にオレはダーマのナカに

自分のを入れた。
モトキ
っあ.....///
ダーマ
ダーマ
ぁああ...熱...ぃ////
モトキ
動くよっ...
―――ダーマ目線



モトキは腰を動かし始めた。


すると
モトキ
えっと...ダーマは...ここかなっ?
そういうと同時にモトキはオレの弱いトコを

突き上げた。


快感とともに声が漏れた。
ダーマ
ダーマ
ッッぁあああぁ!!////
ひあ...っあ...
思わず口から唾液が垂れた。



もっと欲しい...もっともっと

モトキを感じたい...!
ダーマ
ダーマ
モトキ...ッん...////
恥ずかしながらもオレは手を広げた。
モトキ
ん?...っ分かった////
そう答えてくれると同時に

モトキはオレを抱きしめた。


オレもそれに応えてモトキの首に手を絡めた。
ダーマ
ダーマ
んんっ...ぅ...///
モトキ
ごめん...もう無理//
ダーマ
ダーマ
へ...?
すると急に腰のスピードを上げた。


オレは快感で涙が垂れた。
ダーマ
ダーマ
やっ...あ...モトキッ///
モトキ
ダーマッ...く...//
―――そして2人同時にイった。
ダーマ
ダーマ
はぁ...は...///
モトキ
ダーマ...もしかして
これで終わりだと思ってる?ニヤ
ダーマ
ダーマ
...え?
モトキ
まだ溜まってるんだけど?
覚悟しててね?
ダーマ
ダーマ
ぅ...う...うわぁああ!!
―――END













――――――


(*´艸`)キャ←←←


リクエストまたしてください(´^∀^`)

(略…ネタを下さい)