無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

モトキ×ダーマ (前編)
⚠モトキとダーマはもうそういう関係にある







―――ダーマ目線


最近モトキの様子がおかしい。


いつもなら
モトキ
ダーマ~遊ぼ~
とか言うのに

現在は...
モトキ
...
無口。

モトキが無口になるなんて

よっぽどのことがないと...


聞いてみよう。
ダーマ
ダーマ
モ~トキ...?
モトキ
...なに?
冷たい反応...


やっぱりなんかおかしい。
ダーマ
ダーマ
なんかあったの?
モトキ
...
ダーマ
ダーマ
オレになんか不満でもあんの?
モトキ
...
ダーマ
ダーマ
なあ...モトキぃ...
オレは座っているモトキの横に座った。


なんとなく切なくて

オレはモトキの腕にオレから腕を絡んだ。
モトキ
ダーマ...
ダーマ
ダーマ
なに?モトキ
モトキ
誘ってるの?
ダーマ
ダーマ
ッ...
モトキ
ごめん、オレ溜まっててイライラ
してんの、今誘ったら...
止まんなくなっちゃう。
ダーマ
ダーマ
...溜まって...る...のか
モトキ
...
ダーマ
ダーマ
オレでいいなら...
抜いていいよ?//
モトキ
...それ本当に?
マジで止まんないよ?
ダーマ
ダーマ
い、いいよ...//
オレも最近モトキに相手にされなくて
寂しかったし...
モトキ
ッ..///
―――モトキ目線


ダーマのその一言でオレは吹っ切れた。


オレは立ち上がり

ダーマをお姫様抱っこした。
ダーマ
ダーマ
え!?ちょっと!///
モトキ
ベッド行かないと床
びしょびしょになっちゃうから、ね?
ダーマ
ダーマ
...うん...//
―――











次回 さあどうなる(´^∀^`)


楽しみにしててねーーー!!!w