無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

モトキ×ダーマ(中編)
―――ダーマ目線


モトキの部屋につけばモトキはオレを

ベッドに置いた。


いつもより少し乱暴な気がした。
ダーマ
ダーマ
ッ...
モトキ
いいんだよね?
ダーマ
ダーマ
ここまで来てNoなんて
言えねえよ...//
モトキ
...ん
そう言ってモトキはオレにキスをした。


かと思えばそのままモトキは深いキスをし

ゆっくりと押し倒されていった。
ダーマ
ダーマ
んっ...ふ...
モトキ
ッは.....
いつもより激しいキスに

オレは少し興奮してしまった。
モトキ
...ダーマキスで感じてんの?
ダーマ
ダーマ
!?///
図星をつかれたオレは何も言えなかった。


モトキはそう言ってオレのズボンの

チャックを開けた。
モトキ
いつもより激しいから慣らさないと...
おかしくなっちゃうから...
ダーマ
ダーマ
ッあ...//
モトキはオレのモノを咥えた。

モトキ
んん.....んっ...
ダーマ
ダーマ
やっ...ぁあ..ひっ////
最近モトキとはシてなかったせいか

オレはもうイく寸前。


モトキ
...
ダーマ
ダーマ
.....へ...なんで止めんの...?
モトキ
別にイかせるとは言ってないよ?
ダーマ
ダーマ
~ッ...ドS...///
モトキ
はいはい...w
ダーマ、脱いで?
ダーマ
ダーマ
ん...
オレか脱ぐのと同時に

モトキも脱いだ。


少し筋肉がついてる気がして

ちょっとモトキが男前に感じるのは

気のせいか...
モトキ
...四つん這いになって?
ダーマ
ダーマ
ッ///
―――モトキ目線

ダーマは恥ずかしながらも

四つん這いになった。



オレはダーマの後ろの穴に舌を入れた。
ダーマ
ダーマ
ぁああ!?///
すると同時にダーマの悲鳴が上がった。


ダーマのナカはもういい程度に濡れていた。

よっぽど興奮していたのだろう...



オレは舌を抜いた。
ダーマ
ダーマ
モトキ...ッ
モトキ
...なに?ダーマ
ダーマ
ダーマ
速く...い、入れて...?///
モトキ
!!///...分かった
――――――



次回 さあどうなる!(´^∀^`)