プリ小説

第5話

サッカー


キヨくんの様子が変です。








怪しいです。





フジくんの家から帰ってきたキヨくんが










ずーっと嬉しそうにしてます。








何があったのか分からないので。











怖いです。








てかこれ無意識っぽいです。










ますます怖い。










とりあえずフジくんに聞いてみるかぁ。








































あなた

キヨくんがなんか変なんだけど。

あなた

なんかあった?

フジくん
え?
フジくん
特に何もないと思うんだけどなー
あなた

なんかずーっと嬉しそうにしてる

フジくん
あー
フジくん
あの、さ…
フジくん
前にあなたちゃんが言ってたサッカーの話
フジくん
キヨに話しちゃった…
あなた

え?!

あなた

まじかぁ

フジくん
ごめんね、あなたちゃん
あなた

ううん。大丈夫

あなた

なんかもっと変な事考えてると思ってたからw

あなた

逆に安心した。
教えてくれてありがとう。









フジくん、話しちゃったかぁぁぁ。











数日前


















サッカーに限ったことじゃないけど

スポーツ観戦とか全く興味ないんだよね。







まずルールわかんないし。


どこが面白いのか分からない。













でも、最近はね。











少しは観るんだ。

















本当に少ししか見ないから、





勝ったとか、負けたとか。








結局はキヨくんで知るけど。









でも、これぐらいが自分には丁度いい。



















無理にみたって頭に何も入ってこないし。















何も知らない私に







楽しそうに喋るキヨくんが好きだし。



















私がサッカーに詳しくても、





楽しそうに喋る事には変わりないと思うけど。







キヨくんから聞いて少し詳しくなった私に











びっくりした顔がいいんだよねぇ。







ていうよく分からない話をフジくんにした。






















キヨくん。





まだぼーっとしながら嬉しそうにしてる。












写真撮っちゃお。










カシャッ













いい顔してるw








あ、流石に気づかれたか。












「何写真とってんの?」










「可愛い顔してたから」








「じゃああなたの写真撮っちゃお」









「え、なんでよ」









「可愛いからだけど…?」








「嫌でーす」









カシャッ












「あっ」











「可愛い写真げっと〜」











「キヨくんは何考えてたの?w」











「え?






秘密☆」










へぇ。




言わないんだ。





言うかと思ったのに。






なんで知ってんの?って顔する私を見るために






悪い顔するのにな。










フジくんに聞いたのを見透かしてるか。







違う時に言うのかな。







カシャッ







「あっ」








「何考えてるの?w」








「写真消してぇぇぇぇぇ」










「やだねー。待ち受けにするんだから」










「じゃあ私も待ち受けしちゃお」









「全然いーですよー」




















フジくんに惚気けたの知られたし、




写真撮られちゃったけど、








キヨくんの可愛い写真撮れたし。








結果オーライ…









かな…?
















カシャッ










「あっ」









「ぼーっとし過ぎw




このままだと俺あなた撮り放題だよw」












「ああぁぁぁ。







じゃあキヨくんの写真も撮らせてぇぇぇ」






























__________________




お久しぶりです。


約1ヶ月ぶりですね。(知らないですね)




だいぶ前にやっていたサッカーを見た時に書きたいなと思ったサッカーネタ。



といってもサッカー全く詳しくないので何を書けばいいのやらとなりましてなかなか進みませんでした((汗



惚気ならなんでもいい所にサッカーを無理やり突っ込んだ作品となりました。

またまた落ちが決まらない…





レトさんの作品を作りたいものの、


レトさんを上手く書けない…





キヨくんは何をしてもやりそうというか、何しても良さそうというか((語彙力





でもレトさんはこれは違うなぁってなりやすくて全くかける気がしなくなってきましたぁぁぁぁ。






更新🐢+レトさんかけない私を



これからもどうぞよろしくお願いします(?)











知らぬ間にフォローとかいう謎機能ついてますね。




これなんなんでしょうか‪\(ᯅ̈ )/‬



























































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

きざむ
きざむ
ただの実況者好き。 ぬるま湯から改名。 誰だよってなった人ごめんね(( 🐢更新。 小説初心者🔰 夜分遅くに浮上してます。 深夜テンション真っ只中。 コメント気軽にどうぞ💬 タメ◎ 小説読んでテンション上がった時勢いでコメントを書く時があるから変なコメントしちゃうかも((許して
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る