無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16






























そして、学校が終わった。


















하윤
하윤
テヒョンさん、グクさん、行きましょ!
グク
グク
あなたも来るんだろ?
あなた
あなた
あ、うん一応
テヒョン
テヒョン
なんで一応なんだよ
あなた
あなた
私、やっぱり用事あった!
テヒョン
テヒョン
ん?嘘だろ
あなた
あなた
ギクッ
グク
グク
はい、行くよー





















あなたside










ハユンちゃん、絶対テヒョンとグクのこと狙ってるよね










まぁ、しょうがないよねー










かっこいいもんあの二人










私は、この買い物にいていい顔面偏差値なんでしょうか?




















テヒョン
テヒョン
おい、あなた歩くの遅すぎ
あなた
あなた
あ、ごめん。
グク
グク
昔から変わんないㅋ
あなた
あなた
ㅋㅋㅋ
하윤
하윤
あなたちゃんが、歩くの遅いなら、私の隣来てくださいよぉー💓💓💓💓
テヒョン
テヒョン
無理、俺あなたのこと守らなきゃいけないから
하윤
하윤
聞きたいんですけどぉー
あなたちゃんとテヒョンさんと、グクさんって、どういう関係ですか?
















テヒョン
テヒョン
ただの友達だよ。
하윤
하윤
そうなんですねぇー




















하윤
하윤
💭え!彼女じゃないんだーなら、私の彼氏になってもーらおっと!