無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3






























テヒョン
テヒョン
学校行こー
あなた
あなた
う、うん
テヒョン
テヒョン
はい。手繋いで。
あなた
あなた
わかった。















テテと一緒に電車のホームまで行った。












グク
グク
あなたっ!おはよー
あなた
あなた
あ、グクーおはよ










この人は、チョンジョングク。あなたの幼なじみだ。






幼稚園から、高校までずーっと一緒。
テヒョン
テヒョン
あ、ジョングクじゃないか。
グク
グク
よっ、あなたの彼氏ー
テヒョン
テヒョン
俺は、キムテヒョンだ。
名前覚えろ。







あなた
あなた
ち、ちょっと2人とも喧嘩しないで、
あなた
あなた
あ、もうほら、電車来たよ。
グク
グク
はーい。
テヒョン
テヒョン
乗るぞ。









電車に乗ると、、、
















クラスメイト
クラスメイト
また、3人で来てる。
クラスメイト
クラスメイト
ほんとだー
クラスメイト
クラスメイト
どういう関係なんだろうね。









そう、この男2人は、学校でちょー人気なんです。