無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,596
2018/02/28

第2話

一×チョロ
ばぶぅちゃんからのリクエスト~ありがと🎵
昔から、チョロ松兄さんはかわいいと思う

突っ込みたくなる尻は。
オワッテル‥
犯したいとか、いつも思ってることだ
松野 チョロ松
松野 チョロ松
一松~
松野 一松
松野 一松
え、あ、なに
松野 チョロ松
松野 チョロ松
聞いてよー
また就職つけなかった(泣)
松野 一松
松野 一松
ふーん?
もう諦めたら?ヒヒッ
松野 チョロ松
松野 チョロ松
んー
無理なんだよなぁ。僕こんなかで一番で出世してぜっっっったい一番に結婚するから!
モヤッとなった。

結婚。
嫌だ、じゃすまないほどヤキモチをしてしまう
松野 チョロ松
松野 チョロ松
?いち、まつ?
ボーッとしてる僕を覗きこむようにみてくる、
さらっとした整った髪
少し整ったまつげ

あ。やばい
松野 一松
松野 一松
ごめん。
松野 チョロ松
松野 チョロ松
ん?なn‥
ドンッ!

押し倒した

ここは家。大きい音や声を出したら完全にばれるけど、ごめん。チョロ松兄さん
松野 チョロ松
松野 チョロ松
は、なんの、冗談だよ
松野 一松
松野 一松
冗談じゃないよ。
松野 チョロ松
松野 チョロ松
いみわか、んっ
松野 一松
松野 一松
チュッ
口を塞ぐようなキスをした

相手は驚いたように目を見開いている
プハッ
松野 チョロ松
松野 チョロ松
は、は!?//
松野 一松
松野 一松
僕、兄さんが好きなんだ。
大好きなんだ
松野 チョロ松
松野 チョロ松
で、も、一松僕らは兄弟だよ?
しかも僕には、‥
松野 一松
松野 一松
分かってるよ!
だから、奪い合うよ。
チョロ松兄さんのなかで僕が大きくなってほしいから‥
松野 チョロ松
松野 チョロ松
いちま、んっ、んんぅ!
Dをした
トロンとした、顔をしている

あー。そそる
黙って、下を脱がせ
指を一本突っ込む
松野 チョロ松
松野 チョロ松
ひゃぅっ!?
ぐちゅぐちゅ

生々しい、音が‥そそるマジでそそる
松野 チョロ松
松野 チョロ松
あ、やぁ、んぁっ///
また黙って、2本に増やす
 ぐちゅぐちゅぐちゅ
松野 チョロ松
松野 チョロ松
ちょ、ぁ、やば、ぃ
あっ!
松野 一松
松野 一松
盛大にイったね。
僕にもイかせてよ
自分のをだし
いれる
松野 チョロ松
松野 チョロ松
あぁっ!!
ズブッ
松野 一松
松野 一松
んっ、!
奥まではいるのを感じると

動かす腰を動かし続ける
松野 チョロ松
松野 チョロ松
あ、ん!、あっ、あっ!や、んっ!
松野 一松
松野 一松
ん、んっ、
あ、そろそろヤバイ
松野 一松
松野 一松
んっ!
流し込まれていく自分の液体を感じながらゆっくり抜く
松野 チョロ松
松野 チョロ松
はぁ、はぁ
松野 一松
松野 一松
ふーふーっ、
松野 チョロ松
松野 チョロ松
バカじゃねーの、はぁはぁ
松野 一松
松野 一松
誉め言葉‥ヒヒッ
チョロ松兄さん
僕は兄さんのなかで大きくなりましたか?