無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

B-5
2人の母親と名乗る女
大丈夫よ。このくらいなら。
2人の母親と名乗る女
寝とけば治るわよ。
Nakamu
Nakamu
せめて、
きんときにだけでも
まともなご飯あげてくれよ。
2人の母親と名乗る女
あら?いつもまともじゃない。
Nakamu
Nakamu
いい加減にしろよ!!
きんとき
きんとき
兄さん…落ち着いてよ…
Nakamu
Nakamu
きんときの具合が悪くなってから、
今日で2週間だぞ?
Nakamu
Nakamu
おかしいって思わないのか?
2人の母親と名乗る女
行ってきま〜す
ガチャ
Nakamu
Nakamu
きんとき、ご飯食べよ?
きんとき
きんとき
いいや…俺。
きんとき
きんとき
食欲…無いから…
Nakamu
Nakamu
ちょっと待ってね。





Nakamu
Nakamu
お湯持ってきたよ。
きんとき
きんとき
お湯なんてあったの?
Nakamu
Nakamu
うん。ラーメン用のね。
Nakamu
Nakamu
ほら、飲んで。
きんとき
きんとき
ゴクゴク…
きんとき
きんとき
ねぇ、兄さん?
Nakamu
Nakamu
ん?
きんとき
きんとき
俺…疲れちゃった。
Nakamu
Nakamu
…。
きんとき
きんとき
俺の事殺してくれない?
Nakamu
Nakamu
何言ってるんだよ…
きんとき
きんとき
多分…俺…
もう生きられないからさ…
きんとき
きんとき
せめて…
大切な人に…
殺して欲しいなって。
Nakamu
Nakamu
そんなの…困るよ…
きんとき
きんとき
お願い。
きんとき
きんとき
ついでに、会いに行きたいしさ。
きんとき
きんとき
"血の繋がってない母さんに"
Nakamu
Nakamu
わかった…
Nakamu
Nakamu
痛くないようにするね。
きんとき
きんとき
ありがと…






Nakamu
Nakamu
きんとき、一人で行かせないよ。
Nakamu
Nakamu
俺も…行くよ。
Nakamu
Nakamu
いつか向こうで、会えるといいな。
Nakamu
Nakamu
"みんな"に。