無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

B-1
翌日
きんとき
きんとき
なかむ兄さん。
Nakamu
Nakamu
何?
きんとき
きんとき
俺、
あの人のところに行こうと思うんだ。
Nakamu
Nakamu
いいの?だいぶ怪しいよ?
きんとき
きんとき
うん。
俺、これ以上ぶる兄達に
迷惑かけられないし。
きんとき
きんとき
それに、親がいない彼らに対して、
親がいるって超羨ましいことじゃん。
きんとき
きんとき
こんなチャンス逃すなんて、
もはや失礼だよ。
Nakamu
Nakamu
正直俺も思った。
Nakamu
Nakamu
俺も、本当の家に帰ろうかなって。
きんとき
きんとき
多分、学校も変わっちゃうよね。
Nakamu
Nakamu
もう、みんなとは会えないかもね。
きんとき
きんとき
それでも…いいかな?
Nakamu
Nakamu
うん。俺らなら乗り越えられるよ。