無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
ピンポーン
Nakamu
Nakamu
やん?お客さん〜
Broooock
Broooock
きりやん居ないよ〜
きんとき
きんとき
兄さんが出ればいいじゃんw
Nakamu
Nakamu
も〜わかったよぉ
ガチャ
Nakamu
Nakamu
えっと…どちら様ですか?
知らない大人
あなたがNakamu?
Nakamu
Nakamu
そうですけど…?
シャークん
シャークん
Nakamu〜って、
この人誰?
Nakamu
Nakamu
わかんない…ちょっと離れてて。
シャークん
シャークん
う…うん。
知らない大人
きんときはどこにいるの?
Nakamu
Nakamu
知りません。そんな人。
きんとき
きんとき
誰か俺の事呼んだ〜?
Nakamu
Nakamu
あっ…
Broooock
Broooock
きんさん待ってよ〜
Broooock
Broooock
あっ、まだ話してたんだ。
スマイル
スマイル
兄さん、話があるんだが…
スマイル
スマイル
って、客か。
きりやん
きりやん
あ…(震える)
知らない大人
これで、全員ね。
知らない大人
私は、_______よ。