無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

A-1
6日後
ピンポーン
Broooock
Broooock
来たね…
シャークん
シャークん
答えは決まってる。
きりやん
きりやん
兄さんたちは絶対に渡さない。
ガチャ
2人の母親と名乗る女
ふぅ、
もう2週間も無駄にしちゃったわね。
2人の母親と名乗る女
さぁ、帰るわよ。
スマイル
スマイル
兄さんたちは下がってろ!
Nakamu
Nakamu
おお、スマイル…
きんとき
きんとき
母さん。
悪いけど、僕らはここで生きていくよ。
2人の母親と名乗る女
はぁ!?
Broooock
Broooock
追い出せ〜!!
シャークん
シャークん
鍵閉めた!!
きりやん
きりやん
もう、こうするんなら、
開けなければよかったのにw
スマイル
スマイル
まぁ、いいじゃないか。
Nakamu
Nakamu
みんな!俺らから話があるんだ。
きんとき
きんとき
俺らを守ってくれてありがとう。
Nakamu
Nakamu
本当の家族じゃないけど、
もう家族だよね!
きんとき
きんとき
そして、これからもよろしく!
シャークん
シャークん
お前、良い奴じゃん。
きりやん
きりやん
しゃけ兄泣いてんの?
シャークん
シャークん
あ?泣いてねぇし。
Broooock
Broooock
あはw泣いてる〜w
シャークん
シャークん
だってさ…
俺…これ以上大切な人が居なくなったら
どうしようって思って…
スマイル
スマイル
それは…同感だ。
Broooock
Broooock
なんだ〜
みんな泣いてんじゃん〜
Nakamu
Nakamu
なんで、
張本人の俺らが泣いてないんだよw
Broooock
Broooock
僕一つ提案があるんだ。
一同
Broooock
Broooock
引っ越さない?
Broooock
Broooock
だってさ、
あの人に住所バレちゃったし、
スマイル
スマイル
金はどうするんだ?
きりやん
きりやん
お金は、俺がどうにかするよ。
シャークん
シャークん
それにさ、
高校生になったし、バイトやらね?
きんとき
きんとき
たしかに。バイトぐらいするか〜。
Nakamu
Nakamu
じゃあさ!!ゲーム実況やらない?
Broooock
Broooock
めっちゃ面白そう!!
シャークん
シャークん
やろうぜ!!