įŦŦ7芹

🐱 ã‚ĒãƒĄã‚Ŧバãƒŧ゚パロ
1,233
2022/10/09 12:05
🐱 įĨå¤Ē郎(β)×č‘ĩ(Ί) įˇ¨ã€‚
攞čĒ˛åžŒã€‚
č‘ĩはį”Ÿåž’äŧšãŽäģ•äē‹ã‚’įĩ‚えãĻ教厤ãĢ荷į‰Šã‚’取りãĢæˆģãŖãĻいた。
č‡Ē席からã‚Ģバãƒŗを取り、č‘ĩがį”Ÿåž’äŧšãŽäģ•äē‹ã‚’įĩ‚えるぎを垅ãŖãĻくれãĻいるįĨå¤Ē郎ãĢé€ŖįĩĄã‚’å…Ĩれる。
"遅くãĒãŖãĻごめん、äģŠįĩ‚わãŖた。"
ãã†ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジを送äŋĄã™ã‚‹ã¨ã€ã™ããĢæ—ĸčĒ­ãŒã¤ã„た。
そしãĻãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジがčŋ”される。
"おį–˛ã‚Œæ§˜īŧã˜ã‚ƒã‚æ Ąé–€ã§åž…ãŖãĻるねīŧ"
č‘ĩ
ãĩãŖâ€Ļ、可愛いãĒぁ、
č‘ĩはį›Žã‚’čŧã‹ã›ã‚‹įĨå¤Ē郎ぎå§ŋをæƒŗ像しãĻ
思わずįŦ‘ãŋをこãŧした。
â€Ļそぎ時だãŖた。


įĒį„ļč‘ĩぎäŊ“が力ãĒくåēŠãĢå´Šã‚ŒčŊãĄãŸã€‚
č‘ĩ
ãŖâ€Ļ、はâ€ĻīŧŸãĒ、ãĢīŊ¯â€Ļ、
įĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚ã†ã¨čŋ‘く椅子ãĢ手をかけるが、
äŊ“が思うようãĢæŒãĄä¸ŠãŒãŖãĻくれãĒい。
č‘ĩはこぎ感čĻšãĢčĻšãˆãŒã‚る。


â€Ļâ€Ļ"į™ē情期"だ。
č‘ĩ
ãŖâ€ĻはīŊ¯ã€ã‚„、だīŊ¯â€Ļ、ãĒんでīŊ¯â€Ļ、
äēˆåŽšæ—Ĩとずれたį™ē情期。
朝から違和感は感じãĻいた。
いつもよりäŊ“がだるく、į‰Šäē‹ãĢ集中å‡ēæĨãĒかãŖた。
しかし、č‘ĩはそれを寝不čļŗぎせいだとčĒ¤é­”化しãĻいたぎだ。
č‘ĩ
īŊ¯â€Ļ、こ、たãŖâ€Ļたす、けīŊ¯â€Ļ、こわ、いãŖâ€Ļ、
įĒį„ļį†ąã‚’帯ãŗ始めたčēĢäŊ“。それも教厤で。
č‘ĩã¯æ Ąé–€ã§åž…ãĄįļšã‘る恋äēēぎ名前をå‘ŧãļ。
č‘ĩ
(そ、そうだâ€Ļ、č–ŦをéŖ˛ã‚ã°īŊ¯â€Ļīŧ)
č‘ĩはã‚Ģバãƒŗぎ中ãĢ常備しãĻいる抑åˆļ剤を取りå‡ēそうと
ã‚Ģバãƒŗをæŧã‚Šå‡ēした。


しかしâ€Ļ、
č‘ĩ
ãĒīŊ¯â€Ļ、į„Ąã„â€Ļ、ãĒんでâ€Ļ!?
äŊ•åēĻもäŊ•åēĻもã‚Ģバãƒŗぎ中をæŧã‚‹ãŒã€č–ŦはčĻ‹ã¤ã‹ã‚‰ãĒい。
č‘ĩ
äģŠãžã§åŋ˜ã‚Œã‚‹ã“とãĒんãĻãĒかãŖたぎãĢãŖâ€Ļ、
とりあえずįĨå¤Ē郎ãĢäģŠãŽįŠļæŗã‚’äŧãˆã‚ˆã†ã¨ã‚šãƒžãƒ›ã‚’å–ã‚Šã ã—ãŸæ™‚ã€æ•™åŽ¤ãŽæ‰‰ãŒč’ã€…ã—ãé–‹ã„ãŸã€‚


扉ぎ先ãĢįĢ‹ãŖãĻいたぎはäģ–クナ゚ぎį”ˇå­į”Ÿåž’。


į”ˇã¯č‘ĩãŽéĄ”ã‚’čĻ‹ã‚‹ãĒりニヤãƒĒとįŦ‘ãŖた。
ãƒĸブ
あâ€ĻīŧŸ
č‘ĩ
ãŖâ€Ļã˛ã€īŧ
ãƒĸブ
おãƒŧâ€Ļį”Ÿåž’äŧšé•ˇæ§˜ã˜ã‚ƒã­ã‡ã‹ã€‚
į”ˇã¯č‘ĩぎ前ãĢåē§ã‚Ščžŧãŋ、
č‘ĩぎé Ŧを掴んでåŧˇåŧ•ãĢčĻ–įˇšã‚’合わせた。
ãƒĸブ
ãĒãƒŧんかΊぎ匂いがすると思ãŖたらお前だãŖたぎかよ。
č‘ĩ
ãĄãŖâ€ĻãĄã€ãŒīŊ¯â€Ļ
č‘ĩはåŋ…æ­ģãĢåĻ厚するが、こうしãĻいる間ãĢもč‘ĩはΊį‰šæœ‰ãŽãƒ•ã‚§ãƒ­ãƒĸãƒŗをį™ēしãĻいる。į›¸æ‰‹ã¯Îąã ã€‚čĒŦ垗力ãĒおãĒいだろう。
č‘ĩ
č–Ŧ、がīŊ¯â€ĻãĒく、ãĻãŖâ€Ļ、
ãƒĸブ
ãĒãã€ã‚ã‚“ãŸãŽč¨€ã†ããŽã‚¯ã‚šãƒĒãŖãĻâ€Ļã‚ŗãƒŦīŧŸ
į”ˇã¯ãƒã‚ąãƒƒãƒˆã‹ã‚‰éŒ å‰¤ãŽæŸã‚’取りだした。
č–Ŧぎ開į™ēäŧšį¤žãŽãƒ­ã‚´ã‚’čĻ‹ãĻ、č‡Ē分ぎį‰Šã ã¨įĸēäŋĄã™ã‚‹č‘ĩ。
č‘ĩ
ãĒんでâ€Ļ君が持ãŖãĻるんだâ€Ļ
ãƒĸブ
čŊãĄãĻたんだよ。åģŠä¸‹ãĢ。
æ‹žãŖãĻやãŖたんだから感čŦã—ろよ。
č‘ĩ
あ、ぁãŖâ€Ļ劊かãŖた、ありがとうãŖâ€Ļ、
č‘ĩがį”ˇã‹ã‚‰č–Ŧを受け取ろうとすると、
į”ˇã¯č–Ŧを持ãŖãĻいる手をéĢ˜ãä¸Šã’た。
ãƒĸブ
ばぁか。ã‚ŋダでčŋ”すわけねぇだろ。
ク゚ãƒĒをčŋ”すäģŖわりãĢ1į™ēヤナせろ。
č‘ĩ
はâ€Ļ、īŧŸ
ãƒĸブ
äŋēはお前ぎフェロãƒĸãƒŗãĢåŊ“ãĻられãĻるんだ。
č˛Ŧäģģを取るぎはåŊ“たり前だろīŧŸ
そういいãĒがらį”ˇã¯č‘ĩぎäŊ“ã‚’åēŠãĢæŠŧし倒した。
č‘ĩ
や"ãŖâ€Ļīŧã‚„めろīŊ¯â€Ļ!!!
č–Ŧはもういいīŧã‚„めãĻくれīŧ
ãƒĸブ
つれねぇこというãĒよį”Ÿåž’äŧšé•ˇã‚ĩマ。
į•ĒはいねぇんだろīŧŸ
į”ˇãŽæ‰‹ãŒč‘ĩぎベãƒĢトを取り、
下į€ãžã§č„ąãŒã›ã‚‹ã¨ã˛ãã¤ãåžŒå­”ãĢ指をæŠŧしåŊ“ãĻた。
č‘ĩ
īŊ¯ã˛ã€â€Ļ、ゃ、めīŊ¯â€Ļ、
ãƒĸブ
垌ろグチョグチョãĢしãĒãŒã‚‰č¨€ãŖãĻも
čĒŦ垗力ねぇけお。
č‘ĩ
ゃ"ãŖâ€Ļやめ、īŊ¯â€Ļおね、がãŖâ€Ļ、
ãƒĸブ
â€ĻäŊ“はしょãƒŧじきãŖãĻヤツīŧŸ
į”Ÿåž’äŧšé•ˇã‚ĩマ、čĻ‹ãĻãŋろよ。
â€Ļ前ビãƒŗビãƒŗだけおīŧŸ
č‘ĩ
ゃīŊ¯â€Ļã€ãĄã€ãŒãŖâ€Ļ、č§ĻんãĒīŊ¯â€ĻやだãŖâ€Ļ
į”ˇã¯åžŒå­”ãĢ指を1æœŦæŒŋå…Ĩし、
čģŊく動かしたあとすぐãĢ指を抜いた。
ãƒĸブ
Ίだしæ…ŖらさãĒくãĻã‚‚å•éĄŒã­ã‡ã ã‚ã€‚
おうせヤりæ…ŖれãĻるんだろīŧŸ
į”ˇã¯ãƒ‹ãƒ¤ãƒƒã¨įŦ‘うと、
指ぎäģŖわりãĢč‡ĒčēĢぎ性器をč‘ĩぎ垌孔ãĢåŊ“ãĻた。
č‘ĩãŽéĄ”ã‹ã‚‰čĄ€ãŽæ°—ãŒåŧ•ã„ãĻいく。
įĩļ寞ãĢãƒ€ãƒĄãĒぎãĢč‘ĩぎåŋƒã‚’į„ĄčĻ–しãĻÎąã‚’æŦ˛ã—がるäŊ“。
č‘ĩはボロボロとæļ™ã‚’æĩã—ãĒがら力ぎį„Ąã„手で
åŋ…æ­ģãĢį”ˇã‚’æŠŧしかえす。
ãƒĸブ
さすがãĢここぞでæĨãĻį„Ąã—はį„Ąį†ãŖしょ。
あんたč‡Ē分ぎフェロãƒĸãƒŗがおんだけæŋƒã„か分かãŖãĻんぎかīŧŸ
č‘ĩ
ãŖあ、だ、めīŊ¯â€Ļおね、がīŊ¯â€ĻやめãĻ"īŊ¯â€Ļ、
ãƒĸブ
あははīŊ¯â€Ļやだね。ãģらäŧšé•ˇã‚ˆãčĻ‹ãĻãĻīŧŸ
あんたがäŋēをéŖ˛ãŋčžŧんでくところ。
éŋåĻŠå…ˇã‚‚äģ˜ã‘ãĻいãĒいį”ˇãŽæ€§å™¨ãŒč‘ĩぎãĒかãĢ
å…ĨãŖãĻこようとしãĻくる。
č‘ĩ
(やだ、怖いīŊ¯â€Ļ、だれか劊けīŊ¯â”€â”€â”€â”€â”€â”€)
そぎ時。教厤ぎ扉が静かãĢé–‹ãã€æ˜Žã‚‹ã„č‰˛ãŽéĢĒがčĻ–į•ŒãĢéŖ›ãŗčžŧんできた。
įĨå¤Ē郎
â€Ļあおいâ€Ļ先čŧŠâ€ĻīŧŸ
č‘ĩ
īŊ¯â€ĻįĨå¤Ē郎īŊ¯â€Ļīŧ
įĨå¤ĒéƒŽã¯æ€’ã‚‹ã§ã‚‚æ‚˛ã—ã‚€ã§ã‚‚ãĒく、静かãĢ2äēēぎå§ŋをčĻ‹ãŸåžŒã€ã˜ãŖとč‘ĩをčĻ‹ã¤ã‚ãŸã€‚
č‘ĩが震える唇を開き、小さãĒåŖ°ã§å‘Ÿãã€‚
č‘ĩ
─────劊けãĻ、
č‘ĩぎåŖ°ãŒįĨå¤Ē郎ãĢåąŠã„ãŸįžŦ間、
č‘ĩãĢčĻ†ã„čĸĢさãŖãĻいたį”ˇãŒčŋ‘くぎåŖãžã§åšãéŖ›ã‚“だ。
įĨå¤Ē郎が、į”ˇã‚’掴ãŖãĻįĒãéŖ›ã°ã—たぎだ。
įĨå¤Ē郎
īŊ¯â€Ļ先čŧŠã€ã“ã‚Œį€ã‘ãĻãĻīŧŸ
įĨå¤Ē郎はč‡Ē分が持ãŖãĻいたイヤホãƒŗとネクã‚ŋã‚¤ã‚’æ¸Ąã—ãŸã€‚
č‘ĩ
イヤホãƒŗとâ€Ļâ€Ļ、ネクã‚ŋイīŧŸ
įĨå¤Ē郎
ネクã‚ŋイはį›ŽãĢåˇģくぎ。į›ŽãĢåˇģいãĻį›Žéš ã—äģŖわりãĢしãĻãĻīŧŸã‚¤ãƒ¤ãƒ›ãƒŗã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ä¸Ąč€ŗãĢね。
č‘ĩ
ãĒんでâ€ĻīŧŸ
įĨå¤Ē郎
â€Ļいいから。â€Ļ大丈å¤Ģ、įĩļ寞変ãĒことはしãĒいし、先čŧŠãŽåŽ‰å…¨ã¯äŋēが厈ãŖãĻあげるから。
"äŋēをäŋĄã˜ãĻīŧŸ"とįĨå¤Ē郎はč‘ĩãŽéĄãĢキ゚をした。
そんãĒことをされãĻは断ることãĒんãĻできãĒい。


č‘ĩはįĨå¤Ē郎ぎ指į¤ēãĢåž“ãŖた。


č€ŗ元ぎイヤホãƒŗからはčģŊåŋĢãĒéŸŗæĨŊがæĩã‚ŒãĻいる。
čĻ–čĻšã¨č´čĻšã‚’åĨĒわれたč‘ĩはäģŠã€į›Žéš ã—ぎ向こうでäŊ•ãŒčĄŒã‚ã‚ŒãĻいるぎか分からãĒい。


だからįĨå¤Ē郎をäŋĄã˜ãĻ大äēēしく垅ãŖãĻいた。
数分垌。
į›Žã‚’čĻ†ãŖãĻいたネクã‚ŋイとイヤホãƒŗがįĨå¤Ē郎ãĢよãŖãĻ外された。
įĨå¤Ē郎
ごめんね、先čŧŠīŧ
æ€Ē我とかãĒいâ€Ļ!?
č‘ĩ
いやâ€Ļ全į„ļ大丈å¤Ģâ€Ļ。
č‘ĩはジロãŖと教厤をčĻ‹æ¸Ąã™ã€‚
â€Ļあぎį”ˇãŽå§ŋがãĒい。
č‘ĩ
įĨå¤Ē郎â€Ļ、ã‚ĸイツはâ€ĻīŧŸ
įĨå¤Ē郎
気ãĢãĒるぎīŧŸ
č‘ĩ
えīŧŸã„ã‚„â€Ļうん、
įĨå¤Ē郎
â€Ļ逃げãĻいãŖたよ。č‡Ē分から。
č‘ĩ
â€ĻæœŦåŊ“ãĢ、かīŧŸ
įĨå¤Ē郎
うん。嘘つく意å‘ŗãĒんãĻãĒいでしょīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļ暴力とかしãĻãĒいだろうãĒãŖâ€Ļ
č‘ĩがįĨå¤Ē郎ãĢ問いかけようとすると、それをかきæļˆã™ã‚ˆã†ãĢįĨå¤Ē郎が喋りだした。
įĨå¤Ē郎
そんãĒことよりīŧ
先čŧŠã€æœŦåŊ“ãĢ大丈å¤Ģ、īŧŸ
怖かãŖたよねãŖâ€Ļ、
įĨå¤ĒéƒŽã¯ãã†č¨€ã†ã¨ãŽã‚…ã†ãŖとč‘ĩãŽã“ã¨ã‚’æŠąãã—ã‚ãŸã€‚
įĨå¤Ē郎ぎäŊ“渊ãĢ厉åŋƒã—ãĻしぞãŖたぎか、č‘ĩぎį›Žã‹ã‚‰ã¯æļ™ãŒæēĸれãĻいた。
č‘ĩ
īŊ¯â€Ļぅ、あãŖâ€Ļ、įĨå¤Ē郎īŊ¯â€Ļ、
â€Ļ劊けãĻくれãĻ、ありがとうãŖâ€Ļ、
įĨå¤Ē郎
全į„ļ。â€Ļ先čŧŠãŒé…かãŖたからäŊ•ã‹ã‚ãŖたんじゃãĒいかãŖãĻ思ãŖたらâ€Ļ。â€ĻもしかしãĻ、先čŧŠã€į™ē情期īŧŸīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļう、んâ€Ļ、教厤でいきãĒりį™ēæƒ…ã—ãĄã‚ƒãŖãĻâ€Ļ、č–ŦがãĒかãŖたんだ。
įĨå¤Ē郎
そãŖか。â€ĻčēĢäŊ“はつらくãĒいīŧŸåŽļãžã§æŒãĄãã†īŧŸ
č‘ĩ
ãĄã‚‡ãŖとâ€Ļ、むり、かもīŊ¯â€Ļ、äŊ“、つらいâ€Ļ、
č‘ĩはįĨå¤ĒéƒŽãŽčƒ¸ãĢæŠąãã¤ããĒãŒã‚‰ãã†č¨€ãŖた。


すると、įĨå¤Ē郎ぎ手がč‘ĩぎ性器ãĢäŧ¸ãŗる。
įĨå¤Ē郎
â€Ļ先čŧŠãŒæ°—ãĢしãĒいãĒらここで1į™ē抜いãĻ行ãŖãĄã‚ƒãŠã†ã‹ã€‚
č‘ĩ
う、んīŊ¯â€Ļ、ごめ、んâ€ĻįĨå¤Ē郎â€Ļ、
įĨå¤Ē郎
ãĒんでčŦã‚“ぎâ€ĻīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļお前ãĢīŊ¯â€Ļčŋˇæƒ‘īŊ¯â€Ļ
įĨå¤Ē郎
čŋˇæƒ‘ãĒんãĻ思ãŖãĻãĒいよ。
įĨå¤Ē郎はすぐãĢそうį­”えると、č‘ĩぎ性器をしごき始める。
č‘ĩ
ん、ぁãŖâ€Ļ、こ、たãŖâ€Ļ、
įĨå¤Ē郎
äŋēがæĨるぞで1回もイãŖãĻãĒいぎīŧŸ
前、凄い勃ãŖãĻるâ€Ļ。
č‘ĩ
ã˛ã€ã"ãŖâ€Ļそ、ぇ"īŊ¯â€Ļãã‚‚ãĄãŖâ€ĻぃãŖâ€Ļ///
įĨå¤Ē郎
先ãŖãŊぎįŠ´ãã‚Šãã‚Šã•ã‚Œã‚“ぎ
大åĨŊきだよね、先čŧŠã€‚
įĨå¤Ē郎ぎčĻĒ指がč‘ĩぎ性器ぎ先įĢ¯ã‚’ã‚°ãƒĒグãƒĒとåˆēæŋ€ã™ã‚‹ã€‚
č‘ĩãŽčƒŒä¸­ãŒãƒ“ã‚¯ãƒƒã¨äģ°ã‘反る。
â€Ļが、č‘ĩが前だけぎåˆēæŋ€ã§é”することはãĒかãŖた。
ヒãƒŧトぎせいもあり、
垌孔がヒクヒクとįĨå¤ĒéƒŽã‚’æą‚ã‚ãĻį–ŧいãĻいる。
č‘ĩ
ぁãŖâ€Ļこ、たīŊ¯â€Ļ垌ろ、つらいãŖâ€Ļおねが、č§ĻãŖãĻãŖâ€Ļ、åĨĨ寂しいãŖâ€Ļぃ"ãŖâ€Ļ
įĨå¤Ē郎ぎ手をč‡Ē分ぎ垌孔ãĢ運ãŗ、
ã˛ãã˛ãã¨éœ‡ãˆã‚‹įŠ´ãĢ指をæŠŧしäģ˜ã‘た。
įĨå¤Ē郎
先čŧŠãŖâ€ĻさすがãĢã€ãƒ€ãƒĄâ€Ļここ教厤だしīŊ¯â€Ļ
č‘ĩ
1回、だけãŖâ€ĻãŠéĄ˜ã„ãŖâ€ĻįĨå¤Ē郎、ãģし、ぃ"ãŖâ€Ļ//
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļぁ"〜â€Ļもうīŧ
įĨå¤Ē郎はæŠŧしåŊ“ãĻた指をそぎぞぞ2æœŦæŒŋå…Ĩする。
č‘ĩ
ãŖ、ぁ"〜〜!!♡///
įĨå¤Ē郎
は、はīŊ¯â€Ļや、ばãŖâ€Ļナã‚Ģ凄いぐãŖãĄã‚ƒããĄã‚ƒã€‚
ぎゅうãŖとįĨå¤Ē郎ぎ指をįˇ ã‚äģ˜ã‘ãĻくるč‘ĩぎナã‚Ģを
2æœŦぎ指でæŋ€ã—くæŽģき回す。
č‘ĩ
ぁ"īŊ¯ã€ãžãŖ、ぇ"īŊ¯â€Ļæŋ€ã—īŊ¯â€Ļ、ぃ"īŊ¯â€Ļく"ãŖâ€Ļ、ぅ"///
ã‚Ŧクã‚Ŧã‚¯ã¨č…°ã‚’äģ°ã‘反らせãĻįĩļ頂をčŋŽãˆã‚‹č‘ĩ。
そぎ隙ãĢįĨå¤Ē郎は指をåŧ•ãæŠœãã€č‡Ē分ぎã‚Ģバãƒŗからã‚ŗãƒŗドãƒŧムを取りå‡ēすとčĸ‹ã‚’į ´ã„ãĻč‡ĒčēĢぎ性器ãĢčŖ…į€ã—た。
įĨå¤Ē郎
先čŧŠã€ã„れるよīŧŸ
įĨå¤Ē郎はぐãŖしょりとæŋĄã‚ŒãĻいるč‘ĩぎナã‚ĢãĢ性器を一気ãĢæŒŋå…Ĩした。
įĨå¤ĒéƒŽã‚‚Î˛ã¨ã¯ã„ãˆã€
Ίぎフェロãƒĸãƒŗを厌全ãĢ感じãĒいわけではį„Ąã„。


先į¨‹ã‹ã‚‰č‘ĩぎフェロãƒĸãƒŗãĢåŊ“ãĻられãĻį„ĻれãĻいたぎだ。
č‘ĩ
ã˛ã€ã…"ãŖ、ぁあ"ãŖã€œã€œâ™Ą///
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļįˇ ã‚ã™ãŽīŊ¯â€Ļ、先čŧŠã€å¤§ä¸ˆå¤ĢīŧŸ
č‘ĩ
ぁ"ãŖ、らめīŊ¯ã€äģŠå‹•ã„ãĄã‚ƒãŖâ€Ļ、
â€ĻīŊ¯ã€œã‚¤"ãŖく"ぅīŊ¯ã…"ã€œâ™Ą////
åŧˇãįˇ ãžã‚‹č‘ĩぎナã‚Ģã‚’é€˛ã‚“ã§ã„ãã€
įĨå¤Ē郎ぎが全ãĻ中ãĢおさぞる。


č‘ĩぎäŊ“はビクビクとį—™æ”Ŗがæ˛ģぞらず、
性器からはå‹ĸいぎãĒいį˛žæļ˛ãŒæēĸれįļšã‘ãĻいた。
č‘ĩ
ぁ"īŊ¯â€Ļã€ãã‚‚ã€ã˛īŊ¯â€Ļこた、ãŖâ€Ļ、
īŊ¯ãã€ã‚ぅâ€Ļぞた、イ、く"ãŖâ€Ļ////
įĨå¤Ē郎
先čŧŠã€ã•ãŖきからずãŖとイãŖãĻるもんね。
さãŖきからäŋēぎをぎゅうãŖãĻįˇ ã‚äģ˜ã‘ãĻくる。
įĨå¤ĒéƒŽãŒãã†č¨€ã†ã¨ã€č‘ĩã¯éĄ”ã‚’įœŸãŖčĩ¤ãĢしãĻéĄ”ã‚’æ‰‹ã§éš ã—ãŸã€‚
įĨå¤Ē郎
ãĒã‚“ã§éš ã—ãĄã‚ƒã†ãŽã€čĻ‹ã›ãĻよ
č‘ĩ
んãƒŧんīŊ¯â€Ļ//ゃ、だīŊ¯â€Ļ、
įĨå¤Ē郎
â€Ļキ゚、å‡ēæĨãĒいけおいいぎīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļâ€Ļぅâ€Ļ、それも、やだâ€Ļ、
įĨå¤ĒéƒŽãŽč¨€č‘‰ãĢč‘ĩは大äēēしく手を退けた。
įĨå¤Ē郎
(į´ į›´ã§ã‹ã‚ã„ãƒŧâ€Ļ♡)
įĨå¤Ē郎はč‘ĩぎ唇ãĢč‡Ēã‚‰ãŽå”‡ã‚’é‡ã­ã‚‹ã¨čˆŒã‚’įĩĄã‚åˆã†ã€‚
č‘ĩぎåŖぎ中ぎåŧąã„ところâ€Ļå…ˇäŊ“įš„ãĢč¨€ã†ã¨ä¸ŠéĄŽãŽæŸ”ã‚‰ã‹ã„ã¨ã“ã‚ã‚’čˆŒã§ã‚„ã‚“ã‚ã‚Šã¨åˆēæŋ€ã™ã‚‹ã¨ã€ãƒŠã‚Ģぎåˆēæŋ€ã‚’æą‚ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢč‘ĩãŽč…°ãŒã‚Ģクã‚Ģクとæēれた。
そぎ期垅ãĢį­”えるようãĢįĨå¤ĒéƒŽãŒå¤§ããč…°ã‚’å‹•ã‹ã™ã¨ã€
č‘ĩがくぐもãŖた喘ぎåŖ°ã‚’æŧã‚‰ã™ã€‚
č‘ĩ
ん、ぅ"ãŖ、â€Ļãĩ、ぁãŖぁ"â€Ļ!!?♡///
ん"ãŖんん、ぅãŖâ€Ļ!!////
įĨå¤Ē郎
ん、ãŖâ€Ļはぁ、â€Ļ、先čŧŠã€å¯æ„›ã„ãŖâ€Ļ、
č…°ã‚’ã†ãĄã¤ã‘ã‚‹ã‚šãƒ”ãƒŧドが旊くãĒり、
č‘ĩぎ喘ぎåŖ°ã‚‚大きくãĒãŖãĻいく。
įĨå¤Ē郎はīž‹īŊ¸īŊ¯â€Ļと小さくį—™æ”Ŗするč‘ĩãŽč…šãĢ手をįŊŽãã¨ã€č…šã‚’å„ĒしくæŠŧしčžŧんだ。
そぎįžŦ間、č‘ĩが大きくį›Žã‚’čĻ‹é–‹ãã€č…°ã‚’ã‚Ģクã‚Ģクと上下させる。
č‘ĩ
ぁ"ãŖあ"あīŊ¯ã€ãã‚‹ãŖ、ゃ"â€Ļ、ゃら"ãŖã€ããĄã‚ƒīŊ¯â€Ļぁ、あ"ãŖんぅ"īŊ¯â€ĻãŖ〜〜"!!?♡///
įĨå¤Ē郎
イãŖãĄã‚ƒãŖたīŧŸãŠč…šæŠŧã•ã‚Œã‚‹ãŽæ°—æŒãĄã„ãŽīŧŸ
č‘ĩ
ã˛ãŖâ€Ļ、く"īŊ¯â€Ļ、ぅ"īŊ¯!!?♡///
ゃ"ãŖã€ãã‚‚ãĄ"ãŖâ€Ļãã‚‚ãĄã€ãƒ"ãŖã€â™Ą///
トãƒŗットãƒŗッâ€Ļと一厚ぎãƒĒã‚ēãƒ ã§č…šã‚’æŠŧされ、
č‘ĩがåŖ°ãĢãĒらãĒã„æ‚˛éŗ´ã‚’あげる。
įĨå¤Ē郎
ãŖぁ〜â€Ļ、先čŧŠã€äŋēもうイきそうâ€Ļ、
č‘ĩ
イãŖãĻīŊ¯â€Ļäŋēぎ中、でīŊ¯â€ĻいãŖãąã„ãŖâ€Ļâ€Ļ、
īŊ¯ãƒ"īŊ¯â€Ļ!!?♡//â€ĻīŊ¯ã‰"〜ãŖぁ"īŊ¯ã€ã"ãŖīžâ™Ą///
įĨå¤Ē郎
īŊ¯â€Ļ、イ、くãŖâ€Ļ///
č‘ĩぎåĨĨぞで性器をæŒŋå…Ĩし、éŋåĻŠå…ˇčļŠã—ãĢį˛žæļ˛ã‚’及きつける。
įĨå¤Ē郎がぎゅうãŖとč‘ĩã‚’æŠąãã—ã‚ãĻåŋĢ感を噛ãŋįˇ ã‚ãĻいると、č‘ĩはį—™æ”Ŗぎ収ぞらãĒいäŊ“ã‚’åŋ…æ­ģãĢ動かしãĻįĨå¤Ē郎ぎäŊ“ãĢしがãŋついãĻきた。


ã—ã°ã‚‰ããŽé–“æŠąãã—ã‚ã‚ãŖãĻいたが、įĨå¤Ē郎がナã‚Ģから性器をåŧ•ãæŠœãã€éŋåĻŠå…ˇãŽå‡Ļį†ã‚’しãĻいる最中、įĒåĻ‚č‘ĩがボロボロとæļ™ã‚’æĩã—始めた。
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļč‘ĩ先čŧŠâ€ĻīŧīŧŸãĒんでæŗŖいãĻīŊ¯â€Ļ、
č‘ĩ
ãŖâ€Ļぁ"īŊ¯ã€ã‚ƒã€ã‚‰ãŖâ€Ļ、čļŗりãĒ、ぃ"ãŖâ€Ļ、
あるãĩぁ、ãģし、ぃīŊ¯â€Ļ、
č‘ĩはč‡ĒčēĢぎうãĒじをį„Ąæ„č­˜ãĢåŧˇãåŧ•ãŖæŽģき、
į‰‡æ–šãŽæŒ‡ã‚’åŧˇãå™›ãŋãĒãŒã‚‰ãã†č¨€ãŖた。


そしãĻハッとしたようãĢį›Žã‚’čĻ‹é–‹ãã¨ã€
ãļんãļんとéĻ–ã‚’æ¨ĒãĢ振る。
č‘ĩ
īŊ¯â€Ļã€ãĄã€ãŒãŖâ€Ļã€ãĄãŒã†īŊ¯â€Ļ、やだīŊ¯â€Ļ、ゃ"īŊ¯â€Ļ!!
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļ先čŧŠã€čŊãĄį€ã„ãĻ。
ヒãƒŧトをčĩˇã“しãĻいるč‘ĩぎäŊ“ã¯ã€Î˛ã¨ãŽæ€§čĄŒį‚ēだけでæē€čļŗすることがå‡ēæĨずãĢč‘ĩぎ意åŋ—ã‚’į„ĄčĻ–しãĻÎąã‚’æą‚ã‚å‡ēす。


そぎことをįĨå¤Ē郎もč‘ĩč‡ĒčēĢもį†č§ŖしãĻいた。
č‘ĩ
ぅ、う"ãŖâ€Ļ、īŊ¸īžžīŊŊīŊ¯â€Ļ、ゃだīŊ¯â€Ļã€ãĄãŒã†â€Ļ、
č‘ĩ
ごめんãĒ、さãŖâ€Ļぃâ€Ļ、
ãŠéĄ˜ã„īŊ¯â€Ļ、čĻ‹æ¨ãĻãĒいでãŖâ€Ļ、
įĨå¤Ē郎
大丈å¤Ģだよ。â€ĻãĄã‚ƒã‚“ã¨ã‚ã‹ãŖãĻるから、ねīŧŸ
įĨå¤Ē郎はå„Ēしく唇ãĢキ゚すると、
č‘ĩぎį›Žã‹ã‚‰æēĸれå‡ēるæļ™ã‚’拭う。
įĨå¤Ē郎
ãŖãĻいうか先čŧŠã€č–ŦがãĒかãŖたãŖãĻ言ãŖãĻたけお、もしかしãĻäģŠæ—Ĩč–ŦéŖ˛ã‚“でãĒいâ€ĻīŧŸ
č‘ĩ
う、んīŊ¯â€Ļ、
įĨå¤Ē郎
īŊ¯â€ĻそりゃつらいよãĒ。
ã”ã‚ã‚“ã€ãĄã‚‡ãŖとぞãŖãĻãĻね。
įĨå¤Ē郎はã‚Ģバãƒŗからč‘ĩぎためãĢ常備しãĻいる抑åˆļ剤を取りå‡ēすと、ペットボトãƒĢã¨å…ąãĢåˇŽã—å‡ēした。
įĨå¤Ē郎
もãŖと旊く気ãĨいãĻã‚Œã°č‰¯ã‹ãŖたãĒ、ごめん。
č‘ĩ
ううん。ありが、と、うīŊ¯â€Ļ、
č‘ĩは包čŖ…ã‚ˇãƒŧトから錠剤を遊åŊ“ãĢ手ぎ上ãĢå‡ēす。
įĨå¤Ē郎
â€Ļ!!?ãĄã‚‡ã€ãžãĻぞãĻぞãĻīŧ
äŊ•į˛’éŖ˛ã‚€æ°—だ、ã‚ĸãƒŗã‚ŋīŧ
č‘ĩ
ãĒんでもいいīŊ¯â€Ļ、旊くæ˛ģぞれば、ãĒんでもīŊ¯â€Ļ、
įĨå¤Ē郎
č‰¯ããĒいよ。抑åˆļ剤はãģかぎč–Ŧと違ãŖãĻただでさえ副äŊœį”¨ãã¤ã„んだからâ€Ļ。こんãĒ一気ãĢéŖ˛ã‚“だらäŊ™č¨ˆã¤ã‚‰ã„でしょ。
įĨå¤Ē郎ぎč„ŗ内ãĢį™ēį†ąã—、
äŊ•åēĻも嘔吐しãĻæŗŖきįļšã‘ã‚‹č‘ĩぎå§ŋがæ¨Ē切る。


äģĨ前、抑åˆļ剤を大量ãĢ摂取した時ãĢčĩˇã“ãŖた副äŊœį”¨ãĢよるもぎだ。あぎ時ぎč‘ĩはæœŦåŊ“ãĢつらそうだãŖた。


â€ĻもうあんãĒå§ŋčĻ‹ãŸããĒい。
č‘ĩ
副äŊœį”¨ã‚ˆã‚Šã‚‚、お前äģĨå¤–ãŽÎąã‚’å‹æ‰‹ãĢæą‚ã‚ãĻしぞう斚がäŊ•å€ã‚‚つらいんだよâ€Ļīŧ
įĨå¤Ē郎
â€ĻそãŖかâ€Ļ、そうだよãĒâ€Ļ。でもごめん。
2į˛’だけãĢしãĻ。â€ĻãŠéĄ˜ã„ã€‚
įĨå¤Ē郎がč‘ĩãŽæ‰‹ã‚’æĄã‚ŠãĒãŒã‚‰ãã†č¨€ã†ã¨ã€č‘ĩはčĢĻめãĻéŒ å‰¤ã‚’æĄãŖãĻã„ã‚‹æ–šãŽæ‰‹ãŽã˛ã‚‰ã‚’åēƒã’た。


įĨå¤ĒéƒŽã¯čĄ¨æƒ…ã‚’å’Œã‚‰ã’ã‚‹ã¨ã€č‘ĩãŽæ‰‹ãŽã˛ã‚‰ãĢ2į˛’ぎ錠剤を掋しãĻ掋りを小さãĒジップロックãĢå…Ĩれた。


č‘ĩはペットボトãƒĢぎ水をåŖãĢåĢんで抑åˆļ剤をéŖ˛ãŋčžŧんだ。
įĨå¤Ē郎
â€ĻéŖ˛ã‚ãŸīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļうん。â€Ļâ€Ļありがとう。
č‘ĩはペットボトãƒĢをįĨå¤Ē郎ãĢčŋ”すと、
そぎぞぞįĨå¤Ē郎ぎäŊ“ãĢæŠąãã¤ãã€‚
įĨå¤Ē郎
んâ€Ļ、おうしたぎīŧŸ
č‘ĩ
んãƒŧâ€Ļ、んīŊ¯â€Ļ//
īŊŊīž˜īŊ¯â€ĻとįĨå¤Ē郎ぎéĻ–å…ƒãĢéĄ”ã‚’åŸ‹ã‚ã‚‹č‘ĩ。
抑åˆļ剤ぎ劚果がå‡ēるぞでぎį´„1時間もぎ間、
č‘ĩぎäŊ“はずãŖとį†ąã‚’持ãŖたぞぞ。
č‘ĩは再ãŗįĨå¤Ē郎ぎäŊ“ã‚’æą‚ã‚ãĻįĨå¤Ē郎ãĢį”˜ãˆå‡ēす。
įĨå¤Ē郎
ãĩãĩãŖâ€Ļ、そこ、くすぐãŖたいよ。
あぐãŖâ€ĻとįĨå¤Ē郎ぎéĻ–ãĢčģŊく噛ãŋäģ˜ãã¨ã€
įĨå¤Ē郎が小さãĒįŦ‘いåŖ°ã‚’上げた。
č‘ĩ
こ、たãŖâ€Ļ、
įĨå¤Ē郎
んīŧŸâ€ĻおうしたぎīŧŸâ€ĻもãŖかいしたいīŧŸ
č‘ĩ
â€Ļīŧâ€Ļん、īŧ
įĨå¤Ē郎
â€Ļãĩãĩ、可愛いâ€Ļ。
åˆ†ã‹ã‚Šã‚„ã™ãéĄ”ã‚’čŧã‹ã›ãŸč‘ĩãĢ思わずįŦ‘ãŋがこãŧれるįĨå¤Ē郎。
įĨå¤Ē郎はč‡ĒčēĢぎ性器をčģŊãæ‰ąãã¨æ–°ã—ã„ã‚ŗãƒŗドãƒŧムを取りだしãĻčŖ…į€ã™ã‚‹ã€‚
įĨå¤Ē郎
å…ĨれãĻåšŗ気īŧŸ
č‘ĩ
ãŖâ€Ļん、
č‘ĩãŒå°ã•ãé ˇã„ãŸãŽã‚’čĻ‹ã‚‹ã¨įĨå¤Ē郎は性器をナã‚ĢãĢæŒŋå…Ĩした。
č‘ĩ
ãŖâ€Ļ、あīŊ¯ã€ã‚ぅīŊ¯â€Ļ、//
先į¨‹ãžã§æŋ€ã—くįĒã‹ã‚ŒãĻいたナã‚Ģをå„Ēしくåˆēæŋ€ã•ã‚Œã€č‘ĩぎナã‚ĢがきゅうãŖとį—™æ”Ŗする。
č‘ĩ
ぁ、ナã‚ĢãŖ、もãŖとæŋ€ã—いぎīŊ¯â€Ļ、ãģし、ぃãŖâ€Ļ//
įĨå¤Ē郎
んâ€Ļ、わかãŖた、動くねâ€Ļâ€ĻãŖãĻâ€Ļ先čŧŠ!!?
ãĄã‚‡ã€ãžīŊ¯â”€â”€â”€â”€â”€â”€ã€ã†ã‚ãīŧīŧŸ
ãĒかãĒかæŋ€ã—く動こうとしãĒいįĨå¤Ē郎ãĢį—ēれを切らし、č‘ĩはįĨå¤ĒéƒŽãŽč‚Šã‚’æ€ã„åˆ‡ã‚ŠæŠŧしčŋ”すとįĨå¤Ē郎ぎäŊ“ã‚’åēŠãĢæŠŧし倒す。
č‘ĩはįĨå¤Ē郎ぎ上ãĢéĻŦäš—ã‚ŠãĢãĒると、
ããŽãžãžč…°ã‚’å‹•ã‹ã—å§‹ã‚ãŸã€‚
č‘ĩ
ぁ"ãŖâ€Ļ、こ、ぇ"īŊ¯â€Ļãĩか、ぃ"ãŖâ€Ļ♡///
įĨå¤Ē郎
īŊ¯ã€č‘ĩ、先čŧŠãŖ、â€Ļ、//
č‘ĩ
ぁ、ら、めīŊ¯â€ĻåĨĨ"ãŖ、ぃ"īŊ¯â€Ļã€ãĄã‚ƒãŖâ€Ļâ€Ļãã€â™Ą///
上ãĢ乗ãŖたぞぞã‚Ŧクッã‚Ŧã‚¯ãƒƒã¨čƒŒã‚’äģ°ã‘反らせãĻįĩļ頂をčŋŽãˆãŸč‘ĩはįĨå¤Ē郎ぎ手をåŧˇãæĄã‚Šã€čˆŒã‚’įĒãå‡ēしãĻ喘ぐ。
įĨå¤Ē郎
īŊ¯â€Ļ先čŧŠã€ãŒä¸Šäš—ãŖãĻくんぎįã—いīŊ¯â€Ļ、
いつもæĨずかしがãŖãĻ乗ãŖãĻくんãĒいぎãĢ
č‘ĩ
īŊ¯â€Ļごめ、ん、åĢŒã ãŖたâ€Ļ、īŧŸ
įĨå¤Ē郎
そんãĒわけãĒい。めãŖãĄã‚ƒåŦ‰ã—いよīŧŸ
įĨå¤Ē郎はč‘ĩぎé Ŧã‚’ä¸Ąæ‰‹ã§åŒ…ãŋčžŧむと、唇ãĢå„Ēしいキ゚をする。
įĨå¤Ē郎
â€Ļ先čŧŠã€å‹•ã„ãĻもいいīŧŸ
č‘ĩ
â€ĻへīŧŸãĒんで、お前がīŊ¯â€Ļâ€Ļ、ぁ"ãŖあ"あīŊ¯â€Ļ!!?♡///
įĨå¤Ē郎はč‘ĩãŽč…°ã‚’æŽ´ãŋ、īŊēīžžīžīŊ­īŊ¯â€ĻとåĨĨをįĒãä¸Šã’た。
č‘ĩ
ぁ"ãŖâ€Ļあ、こ、ぇ"īŊ¯â€Ļだめ、ãĒとこãŖâ€ĻåąŠã„ãĻīŊ¯ã€ã„、く"ãŖâ€Ļã€ãã‚‚ã€ãĄ"īŊ¯ã€ãƒīŊ¯ã‚“ん、ぁ"ãŖ♡///
ãļわぁあīŊ¯â€Ļとč‘ĩぎフェロãƒĸãƒŗがæŋƒããĒã‚‹ãŽãŒÎ˛ã§ã‚ã‚‹įĨå¤Ē郎ãĢも分かãŖた。それãģおæŋƒåŽšãĒフェロãƒĸãƒŗãĒぎだろう。
įĨå¤Ē郎
(â€Ļこぎ匂いãĢčĒ˜ã‚ã‚ŒãĻÎąãŒé§†ã‘ã¤ã‘ãĻこãĒければいいけおâ€Ļ。ぞぁ駆けつけãĻきたところでぞたäŋēが掴ãŖãĻč„…ã›ã°â”€â”€â”€â”€â”€ã€)
č‘ĩ
こ、たīŊ¯â€ĻīŧŸ
įĨå¤Ē郎
─────あぁ、ごめんごめん。
įĨå¤Ē郎はč‘ĩãŽč…°ã‚’æŠąãã¨ã€ä¸‹ã‹ã‚‰æ€ã„åˆ‡ã‚ŠįĒãä¸Šã’る。
č‘ĩ
īŊ¯ã€œ"â€Ļ、ぉ"īŊ¯â€Ļく"ãŖâ€Ļ、ぁ"īŊ¯â€ĻあīŊ§ãŖ♡///
だ、ぇ"īŊ¯â€Ļã€ãã‚‚ã€ãĄ"ãŖâ€Ļぃ"īŊ¯â€Ļ、///
įĨå¤Ē郎
先čŧŠã€ã›ãŖかくäŋēぎ上ãĢ乗ãŖたぎãĢ動かãĒくãĻいいぎīŧŸīŧŸ
č‘ĩ
ぁãŖâ€Ļ、だãŖãĻīŊ¯â€Ļ、お前が動くからīŊ¯â€Ļ、///
č‘ĩãŽč¨€č‘‰ãĢįĨå¤Ē郎はニヤッとįŦ‘う。
įĨå¤Ē郎
äŋēが動かãĒければč‡Ē分で動けるぎīŧŸ
č‘ĩ
īŊ¯â€Ļ、んâ€Ļ、んãƒŧんãŖâ€Ļ、//
įĨå¤Ē郎がč‘ĩãŽãŠč…šã‚’å„Ēしくæ’Ģでると、
č‘ĩがįĨå¤Ē郎ぎéĻ–ãĢæŠąãã¤ããĒがらåŖ°ã‚’æŧã‚‰ã™ã€‚
įĨå¤Ē郎
â€ĻじゃあおうしãĻæŦ˛ã—いīŧŸ
äŋēはずãŖとこぎぞぞじãŖとしãĻãĻもいいよīŧŸ
可愛い先čŧŠãŽå§ŋčĻ‹ãĻられるし。
č‘ĩ
ん、ぇãŖâ€Ļ、ãĒんれīŊ¯â€Ļ、意地æ‚ĒīŊ¯â€ĻだよãŖâ€Ļ、
č‘ĩはįĨå¤ĒéƒŽãŽæ‰‹ã‚’æĄã‚ŠãĒがらæļ™åŖ°ã§ãã†č¨€ã†ã€‚
æĨずかしくãĻč¨€ã„ãŸããĒいぎだろう。
įĨå¤Ē郎
č¨€ãˆãĒいぎīŧŸã˜ã‚ƒã‚ずãŖとこぎぞぞかãĒぁâ€Ļ。
でもいいぎīŧŸå…ˆčŧŠãŽãƒŠã‚Ģ、åĨĨぞでå…ĨれãĻæŦ˛ã—くãĻåŋ…æ­ģãĢ吸いäģ˜ã„ãĻくるぎãĢ。
č‘ĩ
ぁãŖâ€Ļ、あ"īŊ¯ã€ã‚ƒã€ãˆ"īŊ¯â€Ļ、///
â€Ļãģ、しぃīŊ¯ã€åĨĨ、いãŖãąã„īŊ¯â€Ļ、ãģしぃ"ãŖã€â™Ą///
įĨå¤Ē郎
â€Ļã†ã‚“ã€ã‚ˆãč¨€ãˆãžã—ã€ãŸīŊ¯â€Ļīŧ
įĨå¤Ē郎はč‘ĩãŽč…°ã‚’ã¤ã‹ãŋį›´ã™ã¨ã€
č…°ã‚’å¤§ããã‚šã‚¤ãƒŗグさせãĻč‘ĩぎ最åĨĨをįĒãä¸Šã’る。
č‘ĩ
īŊ¯ã‰"īŊ¯ã€ã"ãŖ〜īŊ¯īŊ¯!!?♡/////
ゃâ€Ļ、おく"īŊ¯ã€ãã‚‚ã€ãĄ"īŊ¯â€Ļ、ぁ、あ"ãŖんん"♡///
įĨå¤Ē郎
åĨĨ、いãŖãąã„å…ĨãŖãĻるよ。
č‘ĩ
う、んãŖâ€Ļ、しきゅ、ぅīŊ¯â€ĻåąŠã„ã€ãĻãŖâ€Ļん、ぅ"ãŖ♡///ãã‚‚ã˛ãŖâ€Ļ、も、ãŖとâ€Ļ、ナã‚ĢīŊ¯â€Ļ/////
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļぁ"〜â€Ļæ°—æŒãĄã„â€Ļすげぇ先ãŖãŊ吸われãĻるâ€Ļ
č‘ĩ
ん、ぅ"īŊ¯â€Ļうる、さãŖâ€Ļã€č¨€ã‚ãĒい、れīŊ¯â€Ļ////
č‘ĩã¯éĄ”ã‚’įœŸãŖčĩ¤ãĢしãĻãã†č¨€ã†ã€‚
įĨå¤Ē郎
ははīŊ¯â€Ļ、ごめんãŖãĻ、
ãĩわãŖと頭をæ’Ģでられたč‘ĩは、
そぎåŋƒåœ°č‰¯ã•ãĢį›Žã‚’閉じãĻįĨå¤Ē郎ぎ手ãĢč‡Ēら頭をæ“Ļり寄せた。
č‘ĩ
も、とīŊ¯â€Ļ頭、ãĒで、ãĻãŖâ€Ļ、//
įĨå¤Ē郎
うん。いãŖãąã„æ’ĢでãĻあげる。
頭をæ’ĢでãĒがらč‘ĩぎこめかãŋãĢキ゚をする。
č‘ĩ
ん、ぁãŖâ€Ļ、こた、イき、そīŊ¯â€Ļぅâ€Ļ♡///
įĨå¤Ē郎
うん、īŊ¯â€Ļäŋēも。
č‘ĩ
ぁãŖâ€Ļ、ご、ゴムīŊ¯â€Ļと、ãĻãŖâ€Ļナã‚Ģå‡ēし、ãĻīŊ¯â€Ļ、//
įĨå¤Ē郎
だぁめâ€Ļ。大äēēãĢãĒるぞで我æ…ĸãĒ。
įĨå¤ĒéƒŽãŽč…•ã‚’æŽ´ã‚“ã§æ‡‡éĄ˜ã™ã‚‹č‘ĩぎ頭をæ’ĢでãĒがらそうãĒだめると、įĨå¤ĒéƒŽã¯č…°ã‚’å¤§ããæēらし始める。
č‘ĩ
ã˛ãŖ、く"īŊ¯ã€ããŖあ"īŊ¯ã€œīŊ¯ã€ã‡"ãŖぅ"ãŖâ€Ļ♡///
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļは、凄いįˇ ãžã‚‹īŊ¯â€Ļ、åĨĨįĒãã‚ˆīŧŸ
č‘ĩ
īŊ¯ãĒ、ãĢãŖâ€ĻīŧŸâ€Ļâ€Ļâ€Ļâ€ĻīŊ¯"〜ぉ"ãŖ!!?♡///ぅ"ãŖあ"īŊ¯ã€œâ™Ąâ™Ą/////ぞīŊ¯ã€â€Ļこ、たãŖイ"īŊ¯ã€ã‚¤ã"ãŖ、ぅ"ãŖ♡//
įĨå¤ĒéƒŽãŒč…°ã‚’æŠŧしäģ˜ã‘たįžŦ間、
č‘ĩぎäŊ“が大きくį—™æ”Ŗã—æˇąã„įĩļ頂ãĢčŊとされる。
įĨå¤Ē郎
ãŖâ€Ļ可愛いīŊ¯â€Ļ、č‘ĩ先čŧŠīŊ¯â€Ļ可愛い、大åĨŊきīŊ¯â€Ļ、
č‘ĩ
īŊ¯"、ãŖぅ"īŊ¯â€Ļâ€Ļぁ"ãŖあ"ãŖâ€Ļ♡///
â€Ļâ€Ļ、īŊ§ã‚ĸ"īŊ¯!!、く"ãŖâ€Ļぉ"īŊ¯â€Ļã€â™Ą/////
įĨå¤Ē郎
īŊ¯â€Ļイ、くīŊ¯ã€œâ€Ļ//
ぎゅうãŖとåŧˇãįˇ ãžã‚‹ãƒŠã‚ĢãŽčĄæ’ƒãĢč€ãˆãã‚Œãšã€
įĨå¤Ē郎がéŋåĻŠå…ˇčļŠã—ãĢ射į˛žã™ã‚‹ã€‚
č‘ĩ
īŊ¯ã¯ãã€īŊ¯â€Ļぅ、んãŖ、んんīŊ¯â€Ļ///
äŊ•åēĻも射į˛žã—たぎãĢもé–ĸわらず、
č‘ĩぎヒãƒŧトがæ˛ģぞる気配はį„Ąã„。


ÎąãŽį˛žæļ˛ã‚’摂取しãĒければ抑えきれãĒいぎだろう。
æœĒだãĢč…°ã‚’ã‚Ģクつかせるč‘ĩぎナã‚Ģから性器をåŧ•ãæŠœãã¨ã€
įĨå¤Ē郎はč‘ĩぎうãĒã˜ã¸ã¨čˆŒã‚’é€™ã‚ã›ãŸã€‚


そしãĻčĩ¤ãæą—ばんだそこãĢ思い切り歯をįĢ‹ãĻた。
â€ĻÎ˛ã¨ÎŠãŽé–“ã§ã¯į•Ēは成įĢ‹ã—ãĒいぎãĢ。
č‘ĩ
ぃ"ãŖâ€Ļ、ぅ"īŊ¯â€Ļ、//
įĨå¤Ē郎
ん、â€Ļく"īŊ¯â€Ļ、
īžŒīžŸīž‚īŊ¯â€Ļと切れたįšŽč†šã‹ã‚‰čĄ€æļ˛ãŒåž‚ã‚ŒãĻくる。
垂れãĻããŸčĄ€æļ˛ã‚’čˆŒã§æ‹­ã†ã¨įĨå¤Ē郎はč‘ĩぎäŊ“ã‚’æŠąãå¯„ã›ã€
おäē’いãĢį›Žã‚’įž‘ãŖた。
č‘ĩ
(─────äŋēがΊãĒんかじゃãĒければ)
įĨå¤Ē郎
(─────äŋēãŒÎąã ãŖたら)


『äŋēãŸãĄã¯åš¸ã›ãĢãĒれたぎかãĒ───────、』






【END】



äŊ“čĒŋä¸č‰¯ã§ãƒĒバãƒŧ゚しぞくるį”ˇãŽå­ã‚’書きぞくりたい。
ãŋãĒさんはčĒ°ãŽäŊ“čĒŋä¸č‰¯ãŒčĻ‹ãŸã„ですかīŧŸ


ã‚ŗãƒĄæŦ„ã§č¨€ãŖãĻくれれば書きぞす。
いつãĢãĒるか分からãĒいけおも()


受けぎäŊ“čĒŋä¸č‰¯ã‚‚åĨŊきだしæ”ģめぎäŊ“čĒŋä¸č‰¯ã‚‚åĨŊき。
įĩåą€åŧąãŖãĻã‚‹ã‚¤ã‚ąãƒĄãƒŗは可愛いんだよ(クã‚Ŋデã‚Ģボイ゚)
ã‚ã¨ã¯č™åž…ã•ã‚ŒãĻたトナã‚Ļマ少嚴をäŋč­ˇã™ã‚‹į”ˇãŽäēēãŽčŠąãŒæ›¸ããŸã„ã€‚ãŋんãĒ大åĨŊããŠã‚ˇãƒ§ã‚ŋぎ時間だよ。

あとはDom/Sabも書きたい。
書くとしたらįœŸå°‹Ã—į’ƒæœˆãĢãĒると思うけお〜â€Ļ。
最垌ぞでčĒ­ã‚“でくれãĻありがとうございぞした。


æŦĄå›žã‚‚ãžãŸã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„ã—ãžã™đŸ™‡â€â™‚ī¸

プãƒĒ小čĒŦã‚Ēãƒŧデã‚Ŗã‚Ēドナマ