無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話💜
         昼休み
私たちは、屋上にきた。


そしたら、いきなり
濱田崇裕
濱田崇裕
あなた。
と、呼ばれた。
貴方(佐藤)
えっ?
濱田崇裕
濱田崇裕
さくら。ごめんな?
貴方(佐藤)
たぁくん?
濱田崇裕
濱田崇裕
そうやで😢
濱田崇裕
濱田崇裕
やっと会えた😢
貴方(佐藤)
ホントにたぁくんなの?
濱田崇裕
濱田崇裕
ほんまのたぁくんやで?
(たぁくんは、腕を広げて
濱田崇裕
濱田崇裕
抱きついてみぃ?
貴方(佐藤)
たぁくん😭
(ギュッ
貴方(佐藤)
ほんとだ~😭
濱田崇裕
濱田崇裕
ww!
濱田崇裕
濱田崇裕
さっきは、知らないふりしてごめんな?
貴方(佐藤)
もう、いいよ~😢
貴方(佐藤)
って、言うかなんでここにいるの?
たぁくんは、私をかばって死んじゃったはずじゃあ
濱田崇裕
濱田崇裕
俺な?神様にお願いしてん。
まだ、前の世界に大切で一生守らないといけない人がおるって。
そしたら、神様が
神様
どうしても、戻って守ってやりたいんじゃね?
天国のたぁくん
はい❗
その人のことを愛しずっとそばにいて支えられるのは、僕しかいないと思っています❗
そして、それが僕の使命だと思っています❗
神様
良かろう❗
ただし、条件がある。
天国のたぁくん
はい。なんでしょう?





さて、条件と言うものはなんなんでしょう❗

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

SAKURA🌸(紫桃濃い虹色)
SAKURA🌸(紫桃濃い虹色)
どうも❗SAKURA🌸です❗ ジャニーズ大好きです❗ 特にジャニーズWESTの紫桃濃いめ虹色ジャス民です❗ リクエストも、受け付けるのでよろしくお願いします❗ あまり出せないと思うんですが、よろしくお願いします❗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る