無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話💜
私は、まさかね。同姓同名だろう。と思って
机に顔を突っ伏していた。


すると、先生が
先生
じゃあ濱田くんは、佐藤の隣な❗
と、言ったもんだから顔をパッと上にあげた。
貴方(佐藤)
えっ?私の隣ですか?
先生
そうだけど。なんか問題でもあるか?
貴方(佐藤)
いえ、無いです。
私は、もう一度顔を机に突っ伏した。


そしたら、濱田くん?がこう言った。
濱田崇裕
濱田崇裕
佐藤さん?
濱田崇裕
濱田崇裕
俺❗濱田崇裕‼️
よろしくな😃✌️
私は、泣きそうになった。




なぜなら、

















声がたぁくんだったらだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

SAKURA🌸(紫桃濃い虹色)
SAKURA🌸(紫桃濃い虹色)
どうも❗SAKURA🌸です❗ ジャニーズ大好きです❗ 特にジャニーズWESTの紫桃濃いめ虹色ジャス民です❗ リクエストも、受け付けるのでよろしくお願いします❗ あまり出せないと思うんですが、よろしくお願いします❗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る