前の話
一覧へ
次の話

第1話

00 Prologue
766
2024/02/21 08:00
※最初から胸くそ展開注意です。




 騒音がすごい。

そう思って起きたら、体が思うように動かない。同時に、激しい疲労感に襲われた。

「おい!意識戻ったぞ!」「もしもし、大丈夫ですか?」と俺を呼びかける声と、
独特なあのサイレンで、ここは救急車の中なんだと自覚した。
I.n
I.n
ぁ゛、...ん、
喉から出た声の主は自分だと信じたくないくらい酷いものだった。

視界は泣いてもないのに何故かぼやけてて、人を認識できるのがやっとだった。
看護師
もしもし!この声聞こえますか!分かりますか!
看護師
聞こえたら右手をぐーにしてください!


 ぐ、ぐー?こうかな。

あれ、感覚、がない、だいじょうぶ、かな。できてる?

ん、なんかやばい、こわい、

え?

なんで、この人たちが こわい の?

I.n
I.n
っは、か、ぁ、

はやくなる心臓、血のめぐる感覚。


呼吸音だけ大きくなって、


あれだけ煩かった人の声、サイレンの音が遠のいてゆく。




      「ぴー、ぴー、ぴー」



看護師
っ、先生!意識がありませんっ!!
看護師
心臓マッサージだ!続けろ!
看護師
もう少しで病院です!大丈夫、大丈夫です...!



看護師
っこんなに、こんなんになるまで...




      「 Subだからって、ここまでするの 」
I.n
I.n
(死ぬときに最後まで残るのが聴覚、ってほんとなんだ)
 はっきり聞こえたその言葉を、俺は素直に

咀嚼して飲み込むことができなかった。








I.n
I.n
...ん、?
 真っ白な天井。薬の匂い。電子機器の音。

そうだ、病院。

俺、救急車にいた...んだっけ、?
I.n 母
っ、ジョンインっ!?よかっ、いま、先生呼んでくるねっ、
I.n
I.n
ぇ゛、ん...か、さん?
 どたどた、と急いで走っていってしまった。









先生
うん、大丈夫だね。問題ないよ。
 先生が来て、軽く診察をしてもらった。

薬とか、今後の対処とかなんとか言っていたけど疲労感がすごくて

聞いてられなかった。右から左状態。
先生
じゃあ個別カウンセリングね。
 そうしてると、個別でカウンセリングを行わないといけないらしく

看護師さんに連れて行かれそうになる。…立ち上がりたいけど腰が痛い。



看護師
あ、今回担当させていただくウナ、と申します!
I.n
I.n
あ、おねがいしま、す...


 「立てますか?」と支えられながら、別室まで案内される。


看護師
あ、じゃあここに座ってもらって…
看護師
ジョンインさん...これまでの記憶とか、覚えてますか?



聞かれてるうちに、やんわりしてた救急車の中の記憶がだんだんと鮮明になってきた。

できれば思い出したくない、救急車に運ばれる経緯の記憶も。
 放課後、家から帰る途中、後ろから急に


腕を掴まれて、口元も抑えられた。



そしたら、路地裏に引き込まれて。
???
  Strip    ふくをぬげ  
I.n
I.n
は、ぇちょ?!
???
Present  みせろ
I.n
I.n
えっ、は、っぁ ////




 ばちゅんっ、ばちゅん、ぱんっ、ぱんっ。


下品な水音が、せっまい路地裏に響き渡る。
I.n
I.n
んっ、ぃやっあた゛っ、やぇてっ、んぁっ///
???
Look...っやば、中きっつ。
入れたまんま伏せてくれるんだ、
I.n
I.n
ん゛っっ!?っふ、うぁあ、んっぃや、////
???
Crawl...っあーーーいいな、
もっときもち良くしろっ、
 同じ学校の、有名なDomの先輩...


急に押し倒されて、無理やり、


Safe Word も決めてない状態で Command   めいれいされて


でも、相手の Dom の力とテクニックがすごくて


俺は Sub Spaceに     きもちよく なっちゃって。
I.n
I.n
っ、ぁ゛あう、ぐっ、ぁ...、しん、じゃっ...!?////
 初めての感覚で、好きでもない相手にぐちゃぐちゃに


犯されてるもんだから 本来は気持ち悪くて仕方ないはずなのに


Sub Space に入ってるもんだから、体は気持ちよくて絶頂にあって。



もう頭と体がぐっちゃぐちゃ。



After care もされずに相手は去っていくという。


もうヤリ捨てどころじゃないよね。


I.n
I.n
あはは...は、
 あーちんちゃ。胸糞悪いにも程がある。


正直、すっごく怖かったし、気持ち悪かった。


看護師
すみませんね、答えたくなかったら
答えなくて大丈夫ですから。
I.n
I.n
あ、いえ。大丈夫です。
I.n
I.n
えぇと…同じ学校の、すごく位の高いDomの先輩に
無理やり、こっちの同意なしにやられた、って感じです。
看護師
...ありがとうございます。では...


 ほんの一瞬、看護師さんの顔が歪んだ気がした。


 看護師さんの名札を見ると、「Sub」とかかれていた。

Subの僕を担当してるし、ここがSub科なのは間違いないんだけど、

同情されてるんだなとすぐに分かった。
















先生
多分、ジョンインさんは元々Dom耐性が
著しく弱い体質なんだと思います。



先生
今回、メンタル面はカウンセリングがいらない
ほどまでに回復してました。普通は、drop状態になると
酷いショックを受けたりとですね、メンタルとDom Subの耐性は、
メンタルと密接に関係してる部分があるので。
I.n
I.n
...。
先生
あくまで個人差はあれど、ですが...
そういうことがおきやすいんですね。
I.n 母
はい...
先生
しかしジョンインさんの場合、メンタル面のコントロールは上手な反面、
Dom耐性が著しく弱いんですよね。
先生
だから今回緊急搬送されたときに、普通はSub dropで頭痛や倦怠感が
のこる程度のものが、本来はその精神状態だと多少の疲労感に抑えることが
できるのですが...
I.n
I.n
その体質のせいで...
先生
...著しく弱いDom耐性のせいで、過呼吸やパニック、
高熱や失神に繋がってしまうんです。
I.n 母
...。
先生
これでメンタル面も弱かったら、Domのパートナーが
いてもPlayできないような状態になっていたかもしれません。
不幸中の幸い、ですがそれくらいDrop状態が危険とだけ
頭に入れておいてください。
先生
ジョンインさんと他のSubでは、
言葉の重みが違いすぎますよ。

 このとき、あー俺って普通じゃないんだ、

これって結構やばいんだ、と身をもって感じた。けど、横で目をうるうるさせてる

母さんや、心配そうに見つめる先生を見て、どこか他人事のように感じている自分もいた。














I.n 母
本当に、お世話になりました。
I.n
I.n
なりました。
 そういえば、なんか丸一日寝ていたらいい。


免疫抑制剤を処方してもらい、無事に退院という形だ。
看護師
いいえー、Sub科はDomの人がいませんから。
また何かあれば、いつでも来てください。




 帰りの車にて、沈黙を破ったのは母さんだった。
I.n 母
っ、ジョンイナごめんね、っ。
I.n
I.n
え、は、なんで謝るの?
俺もう大丈夫だよ?
I.n 母
Subに産んじゃって、母さんもSubで...っ
I.n
I.n
俺別にSubに生まれたこと、
後悔してないよ...?
I.n 母
本来訴えられるのよ、それくらい酷いことをされたの。
でも...、
I.n
I.n
...うん。分かってる。

 本来、Subの同意なしに、無理矢理 行為をすることは法律で禁止されている。
その上、今回俺は After care もされなかった。



つまりは「ヤり捨て」「レイプ」みたいな感じ。



これは、向こうが逮捕されてもおかしくない、というか
逮捕されるのが普通なんだけど。



俺の場合、相手が普通の Dom じゃなくて
みんなが一度は聞いたことがあるような、有名会社の社長息子。

その上、くらいの高い超一流で有名な、Dom一家。こりゃ裁判も勝てっこない。
I.n
I.n
でも、俺のまわりそういうSubばっかだよ。
韓国ここなら尚更、どうせSubはこうなる運命だよ。

 そう、韓国は世界の中でも特に


「Dom」 「Sub」「Normal」「Switch」


これら第二の性に対する差別意識が完全に抜けてない、いわゆる後進国。
政府の対応や取り組みも完全に遅れてる状態。
I.n 母
ごめん、ごめんねジョンイン...っ
I.n
I.n
だいじょうぶ、大丈夫だよ母さん...


俺はただ、他人事のように今の現状を受け止めているだけで
母さんの背中をさすることしかできなかった。



そして俺は、この日の出来事が、「俺が思ってる以上に」トラウマとして
体に植え付けられていることに、気づいてすらいなかった。


こんにちはこんばんはー😆
作者hasumotoです。

大っっっっっっ変!
長らくお待たせいたしました!


こちら前垢で投稿していた作品「抱擁の欠片」のリメイクとなっております。

まさか作品を投稿するまえにフォロワー様が100人いくとは思ってなくて...
ありがとうございます泣


リメイク前を見ていても、見ていなくても楽しんでもらえるよう
精一杯頑張ります💖





かわいそう(でかわいい)、トラウマ持ちの、一人称が俺系な🦊。
社会的立場が弱いSub 。相性が良すぎる。

こんな(私的)受け属性もりもり🦊、書くしかないでしょう?!
ということで書きました。

これでもかってほど私の好みを詰め込んだ作品となってます。
よろしくお願いします💞

プリ小説オーディオドラマ