無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

放課後
部活も終わり、あとは帰るのみ。
そういえば、しゅうくん雨降るって言ってたな。
こう
こう
らぁちー!!
こう
こう
よかった、間に合った!
らぁち
らぁち
こう!
どうしたの?
らぁち
らぁち
すごい疲れてるじゃん
こう
こう
お前傘もってねーだろ
らぁち
らぁち
いや、でも借りれる人いたよ?
こう
こう
んなもん、俺しかいねーだろ
こう
こう
はいよ、
らぁち
らぁち
こうくん、傘ないでしょ?
らぁち
らぁち
らぁち、傘借りてくるから
こう
こう
おれ、家そこまで遠くないだろ?
こう
こう
傘なくたってこれくらいの雨どってことねーよ
らぁち
らぁち
いや、でも…
こう
こう
らぁち、気をつけて帰れよ
こう
こう
んじゃな、
(しゅう)
あれ、らぁち傘持ってる。彼氏にでも借りたのかな。なら、帰ろーっと!










こうして、この日はあとを去っていった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らぁち
らぁち
私の実体験を元にしています。 少しでもいいなと思って、ドキドキして貰えたら嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る