無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

次の日の朝
しゅう
しゅう
らぁちー!
廊下には、またしゅうくんがいた
らぁち
らぁち
しゅうくん、
らぁち
らぁち
おはよ
しゅう
しゅう
おはよ
らぁち
らぁち
昨日はありがとね。
結局こうに借りたんだ
しゅう
しゅう
いい彼氏だね
らぁち
らぁち
うん!
しゅう
しゅう
らぁちLINEとかしてる?
らぁち
らぁち
してるよー!
しゅう
しゅう
追加しても、いい?
らぁち
らぁち
いいよ!
だれにもらう?
しゅう
しゅう
誰にしよ…
しゅう
しゅう
(あいこの名字)とかは?
らぁち
らぁち
いいね!
なら、もらっとくね!
そういって、LINEを追加する仲になった。




しゅうくんと出会ったのは梅雨の真っ最中、6月のあたま。
3週間後にはテストが待っていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らぁち
らぁち
私の実体験を元にしています。 少しでもいいなと思って、ドキドキして貰えたら嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る