第34話

32
869
2020/05/20 21:35
無事に片付けも終わり



実行委員が集まって、反省会が行われる。
櫻井翔
んーっと、全員揃った?
大野智
あなた、座りな。
あなた

あ、ありがとうございます。

大野智
いーえ笑
櫻井翔
じゃあ、始めるね。
まず、みんなお疲れ様……
じゃあ先生方から一言ずつ、と櫻井先生が言った後に



順番にそれぞれが口を開く
大野智
まぁ、みんなよく頑張ってたと思いますよ笑
タイミングもバッチシでした!
うん、ほんとに笑。お疲れ様(*^^*)
松本潤
準備も大変だったと思うけど
おかげで他の生徒たちも楽しく出来たんじゃないかと思います。
お疲れ様。明後日かな?テストもあるんで。頑張って。
相葉雅紀
みんな力持ちで頭いいからほんとにスムーズに出来たよ!
ありがとね!!
…まぁ、改善点も見つかったしね。ほんとにお疲れ様!
二宮和也
まぁ、途中大変な時もありましたけど
臨機応変に対応してくれた子いて助かりました。
困ったら俺ら頼ってくださいね?笑、お疲れ様。
櫻井翔
……じゃあ俺からも。
全員が楽しめるのが運動会です。
それを壊すような人にはどうかならないで頂きたい。
皆はほんとに頑張ってくれました。ありがとう。
……じゃあ帰っていいよ。



解散の挨拶とともに係員たちがカバンを持って帰路に行く
神林
あなたさん、大丈夫?
送ってこっか?
あなた

神林くんっ、ふふ笑
大丈夫だよ。心配してくれてありがとね。

神林
…そっか笑
気をつけて帰ってね。また明後日!!
あなた

うん!ばいばい!!

大野先生が用意してくれた椅子を片付けて



会議している間に帰ろっかなぁ…って思ってたんだけど
二宮和也
ねぇちょっと。
なに帰ろうとしてんのよ
あなた

……いや、だって。

松本潤
さすがにそんな怪我されて
さようなら、って帰す先生いないから笑
大野智
…何があったの?
あなた

……言わない方が、先生方の為だと思いますよ

櫻井翔
でも、お前の為にはならないでしょ。
だから言って。
あなた

……私もよく知りませんよ。
私の先生を取らないで、って言われたんですよ

相葉雅紀
…私の先生?なに、俺らが。
あの子の?……え?
二宮和也
かなりやべぇな
大野智
それであなたはどうしたの?
あなた

別に先生方は私のものじゃないし、
そんなこと思ったことないので無視してました。

松本潤
そしたら押されたと……
二宮和也
それで、溜まりに溜まって泣いたんだな
あなた

……

はぁ〜……という5人の溜息が



頭の中で木霊する
櫻井翔
それ俺ら悪ぃじゃん
相葉雅紀
あなたさん、100%悪くないよ…
大野智
俺らが勝手に付きまとってるだけなのに笑
松本潤
言い方(笑)
二宮和也
とにかく、お前は溜めすぎ。
お前には、俺らも親友もいる。
怖いもんなんてない。わかった?
あなた

……はい。

今あるモヤモヤはそんなことより


目の前にいる貴方の事なんですけど……
あなた

あの…二宮先生さっき……

二宮和也
しー🤫
櫻井翔
なに?
二宮和也
なんでもないよ?ね、あなた
あなた

え、あ、、はい

松本潤
すんごい申しわけない気持ちはある。
でもテストはちゃんと頑張ってね
あなた

ははっ笑



と、先生達の笑い声が聞こえてきて



気を使ってくれたんだなぁ。って少しの優しさに嬉しくなって。




みんなに平等なんだろうな、なんて思いながらも。今だけは、その優越感にひたっていたい。




先生達が私のことを見捨てるまでは。













✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚



先生達は、嫌いになることなんて絶対ないんですけどね〜




それに気づかない主人公ちゃんの思いです。





♡、💬くださると嬉しいです。




見てくれてありがとうございました!