無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

ナルっち!!
「そこの嬢ちゃん〜1人?彼氏に振られたの〜?」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
何すか?
「あれ、女の子だよね〜そうゆう感じなんだ〜ギャップがいいじゃん〜」
「女の子だけど男の子みたいな子なんじゃねぇーの?」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
あの、用ないなら話しかけないでもらいたいんすけど
「嬢ちゃん〜俺らと遊ばない〜?」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
遊びっすか?無理っすよ
「なんで〜?いいじゃん〜」
「君一人なんでしょ?ならいいじゃん」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
人待ってるんで
「彼氏〜?彼氏より俺らと遊んだ方が楽しいと思うよ〜」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
彼氏?俺彼氏いないっすよ?
「俺っ子なんだ〜やっぱりそうゆう系の子なんだね〜」
「ほら、来なよ」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
辞めてくれっす
「来いって言ってんだろ」
「嬢ちゃん〜こいつ怒ると怖いから今のうちについてったほうがいいぞ〜」
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
嫌っす!引っ張らないでくれっすよ!辞めてくれっす!!(( இ﹏இ ナキソウ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
ちょっとあんた達!
「はぁ?誰?」
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
その子の彼氏
「え〜?この子彼氏いないって言ってたよ〜?」
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
まぁ、アタシがそうだって思ってるだけだからね
「何お前?もしかしてオネェ?ってかお前ほんとにこの子の知り合い?」
\スッ/(ナンパ男が嵐を叩こうとする)
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
ナルっちに手を出さないでくれっす!
\ガシッ/(嵐がナンパ男の腕を掴む)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
まひろちゃん大丈夫よ!一応アタシも男の子なんだから!
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
アタシ、頑張る男の子は好きだけどまひろちゃんをいじめる男の子は嫌いだわぁ
「きもちわりぃんだよ!」
朱桜司(スオウ ツカサ)
朱桜司(スオウ ツカサ)
真道先輩!こちらへ
\ギュー/
朱桜司(スオウ ツカサ)
朱桜司(スオウ ツカサ)
大丈夫ですか?何もされていませんか?
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
大丈夫っすよ(涙目
「おい!○○よく見たらこいつらアイドルの奴らじゃねぇか?」
「うわっ〜、ほんとだ〜逃げよう逃げよう〜」
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
フゥ、怖かったぁ
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
まひろちゃん大丈夫?アタシがその水着をあげたのがダメだったわねぇ
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
大丈夫っすよ!助けてくれてありがとうっす!
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
ナルっちのせいじゃないっす!(涙目
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
今のナルっち、いつもと違ってかっこよかったっすけど、怖くてあんまり見れなかったっすよぉ!!見たかったっすよォ!!(涙目
朱桜司(スオウ ツカサ)
朱桜司(スオウ ツカサ)
真道先輩はやはり鳴上先輩への愛が凄いですね!
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
そうっすよ!それだけは誰にも負けないと思ってるっす!
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
ウフフ!嬉しいわぁ〜アタシもまひろちゃんへの愛なら誰にも負けない気がするわぁ〜♪
朱桜司(スオウ ツカサ)
朱桜司(スオウ ツカサ)
あの、真道先輩、そろそろ離してもらっても..
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
あ!申し訳ないっす
遊木真(ユウキ マコト)
遊木真(ユウキ マコト)
ごめん!遅くなっちゃった
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
大丈夫よ♪
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
鳴上嵐(ナルカミ アラシ)
さっ!みんなのところに戻りましょう
..
月永レオ(ツキナガ レオ)
月永レオ(ツキナガ レオ)
わぁ!シン助けて〜
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
ツッキー先輩!大丈夫っすか!
月永レオ(ツキナガ レオ)
月永レオ(ツキナガ レオ)
ハハッ!シン!これ楽しいぞ〜
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
えぇ!埋まってるのにっすか?
月永レオ(ツキナガ レオ)
月永レオ(ツキナガ レオ)
シンを見たらインスピレーションが湧いてきた!!ノートとペンをくれ〜
真道茉宙(シンドウ マヒロ)
その前に出てきてくださいっす
月永レオ(ツキナガ レオ)
月永レオ(ツキナガ レオ)
いや、出れないから助けて..
..つづく