無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

623
2018/10/04

第7話

#6.5

boy side




あなた:じゃーね、





涼介:じゃーな、






『すき』

たった2文字の言葉が言えなくて … 何年経った?


俺はずっとあなたしか見てない、


俺の頭にはあなたしかいないんだよ?
早く気づいてよ …





涼介:すきだよ …




声になったかならなかったか わからないくらいの小さな声

こんなんじゃあなたに届くわけねぇーか …




君は裕翔の所に行っちゃうのかな …

裕翔のものになっちゃうのかな …



そっちの方が君は幸せなのかな …






涼介:俺のものになればいいのに …






なんて … 叶うわけないか