無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

361
2021/08/05

第10話

きゅう
マイキー視点


集会が終わった後、どら焼きを食べたかったから
隊長たちと一緒にロ○ソンに行くことにした

扉の先には誰かいたようなので先に通すことにした

扉が開いた瞬間、その人物がまるで天使のように見えた
白い髪、透き通る様な紫色の瞳、真っ白な肌

しかし、その人物があなたの下の名前だと分かった

場地が肩を掴む

「私はやっていないことを謝るつもりは無い」

いつまで否定しているのか、やったんだから素直に認めればいいのに

俺は言った
マイキー「いい加減素直に謝ったらどうだ」

その後にも隊長たちが続けて言う

その時、今までに無いほどの殺意を感じた

「ごちゃごちゃうるせぇんだよ」
今までに聞いたことの無い低い声

「うるさいんだよ!!!!!!!!!!!!!!!!人の気持ちも知らないで勝手なことばかり言って!!!!!!!!!!!!!!!!あんた達に私の気持ちがわかるわけないでしょ!!!!!!!!!!!!!!!!この髪のせいで気持ち悪いと親から殴られて、傷つけられて、みんなみんな大丈夫とか助けてあげるとか言うけど、そんなのは上っ面でしかないの!!!!!!!!!!!!!!!!
自分をいい人に見せようとしてるだけ!!」

あなたの下の名前は涙で顔がボロボロになりながらも叫び続ける。
こんな姿は初めて見た
いつも、あなたの下の名前は本心を隠すように笑っていたから
ずっとあなたの下の名前は耐えていたのだと思うと、後悔しかなかった

「誰でもいいから助けてよ、私を殺して((ボソ」
しゃがみながらあなたの下の名前がそう言う
俺もみんなもその場に立ち尽くしていた

通行人「何があったのかは分かりませんが、
あなた達がここにいても彼女を苦しめるだけです。
私が何とかしますのでお帰りください」
俺たちは誰とも何も話さず家に帰った





あなたの下の名前ちゃんの白髪姿です
「しらが」じゃなくて「はくはつ」です
おばさんじゃありませんよ
          喧嘩する時 
          いつもの姿
前、友達から「アルビノって何?」と聞かれたので説明します


アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に関わる遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 albino は元はスペイン語ないしポルトガル語で、albo(白)の語幹 alb- に in(指小辞)+ o(男性形名詞語尾) をつけた語である。

コピペしました
私は意味が分かりません( ̄▽ ̄;)
分からない方もいらっしゃると思うので画像載せときます
こんな感じの方です
そして、もうひとつお知らせが!
全体ではないんですけど、
青春・学園の所にあってビックリしました!!!!!!!!!!!!!!!!
ありがとうございます🙇‍♀️
まさかこんなに伸びるとは思ってませんでした!!!!!!!!!!!!!!!!
ニヤニヤしてて変態みたいと姉に言われてしまいました。
本当にありがとうございます😆💦
これからもよろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!

NEXT▷▶︎