無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

287
2021/08/08

第17話

BADEND手紙編
マイキーへ

私は昔から持病を持っていました
長く生きられないとわかったのは12歳の時、ちょうどマイキー達と出会った日かな?いきなり「余命4年です」なんて言われるからびっくりした
毎日思ったの
もっとみんなと生きたいなぁ〜って笑
隠していてごめんね
マイキー達と過ごした日々は楽しかったよ!
マイキーは私の憧れであり、初恋の人でした
思ってたより頼れて、男らしくて、思ってた通り優しい人でした
一緒にお祭りに行った時に見た花火、綺麗で凄かった
みんなで海行ったの楽しかったな!波乱がいっぱいだったけど
誕生日会!初めて祝って貰ったから嬉しかった!
あなた達から私は色んなものをもらいました
思い出、優しさ、悲しみ、怒り、楽しみ、そして愛
私の世界が色づいたの!
白黒で光がなくて
でも、色んなことを知った
これなら死ぬことは悲しくなんかない
でも皆と離れるのは寂しいかな
強くて優しくて男らしいマイキー!!!!!!!!!!!!!!!!
でも、本当は弱いのを知っています
寂しがり屋で強がってて自分の悩みを言えない
私はそんなあなたに寄り添ってあげることが出来なかった
ごめんね
誰でもいいから、助けを求めてみて?
それを望んで創ったのが東卍なんでしょ?
1人で全部を背おるのは無理なんだよ
だから、些細なことでもいい
仲間を頼ることを覚えて

エマちゃんにショッピング楽しかったよ!ありがとう!
って伝えといてください
後、けんちゃんと幸せにね。応援してるよって

寄り添ってあげられなくてごめんね
八つ当たりしてごめんね
ワガママ言ってごめんね

ありがとう!
明蝶 あなたの下の名前

マイキー「ごめん、ごめんなあなたの下の名前。ありがとな」

そう言って俺は空にめいいっぱい笑った
NEXT▷▶︎