無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

388
2021/08/04

第7話

ろく
あなたの下の名前視点


着いた場所…そこは病院だ
受付を済ませて、○○科へ向かう(何科があるか分かりません)


看護師「明蝶さんお入りください。」(こんなんやっけ?)

呼ばれた方へ向かう

医師「今日は検査をしてもらいますので、○○室へこのファイルを持って
向かってください」


(飛ばします)

看護師「これを持って○○科へお戻りください」

私はマイキー達のことを考えながら向かった
「まだ死にたくない」そんな気持ちが湧き上がってくる
でもそんな気持ちなど許されるはずもない
私はすぐに考えるのを辞めた

(また飛ばします。ごめんなさい)

私はすぐに呼ばれた


医師「あなたの下の名前さん。あなたは後3ヶ月しか生きられません。
ストレスの影響で寿命が縮まっています。手術をおすすめします。」

「いいえ。すみませんが、手術はお断りさせていただきます。
大金を払えるようなあてもありませんし。」
「それに私は今でも十分幸せなんですニコッ」

また私は嘘をついて相手に嘘の笑みを向ける。
幸せなはずがない。仲間には信じて貰えなくて、支えてくれる人もいなくて。
誰でもいいから、助けてよ。

医師「そうですか。分かりました。
では、また1週間後にいらっしゃってください」

「はい」






皆さん宿題進んでますか?
私はしばらくやってなくてやばいかもです。
って言いながらもスマホ触ってます。


NEXT▷▶︎