前の話
一覧へ
次の話

第13話

最終章『さようなら。彼の元へ行きます』
鈴乃入翠
鈴乃入翠
もう、こんな生活嫌だ…あなたともあってないし…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
タヒのう…
学校の屋上…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
。(°´Д⊂ヽビェェェエエ
鈴乃入翠
鈴乃入翠
あなた、花香ちゃん、琉翔、零透、真理亜、今までありがとうね。
鈴乃入翠
鈴乃入翠
梨々花ちゃんも…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
今からあなたの所へ行くから…
新津木琉翔
新津木琉翔
おい、入翠!
鈴乃入翠
鈴乃入翠
琉翔?
新津木琉翔
新津木琉翔
早まるな!
鈴乃入翠
鈴乃入翠
私、生きていたって意味が無いんだよ?
新津木琉翔
新津木琉翔
意味がある、無いなんて関係ねぇよ!
新津木琉翔
新津木琉翔
だから…タヒぬなよ…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
私は琉翔のことにはYesとは言えない。じゃあね
入翠は屋上から落ちていった…
新津木琉翔
新津木琉翔
入翠!!!!!
琉翔の心の中



入翠が…手を振ったように見えたのは…俺だけか…



俺がもう少し早く助けていれば…あなたをやらなければ…



こんなことにはならなかった…


俺も…タヒのう
新津木琉翔
新津木琉翔
俺も行くからな(小声)
琉翔も落ちていき…屋上には誰もいなくなった…





~~~落ちている最中〜〜〜
新津木琉翔
新津木琉翔
やぁ
鈴乃入翠
鈴乃入翠
えっ?!なんで琉翔がここにいるの?
新津木琉翔
新津木琉翔
俺もお前と同じ理由だっつぅの。
鈴乃入翠
鈴乃入翠
そっか…






2人は仲良く一緒に落ち…








『遺体として発見された』