第3話

花香の所へ…
入翠は花香(あなた)が居る病室へと走っていた…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
花香!!
花香
花香
どうしたの。入翠…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
元気でよかったよ…
鈴乃入翠
鈴乃入翠
あのさ…これ受け取ってよ…
そう言って高級ペンダントを渡す
花香
花香
え?!これ貰っていいの?
鈴乃入翠
鈴乃入翠
うん。もう友達になったから…
花香(あなた)が貰ったペンダントをつける
鈴乃入翠
鈴乃入翠
うん。似合ってる。
花香
花香
良かった…ありがとう。入翠。
花香
花香
大切にするよ。
花香の心の中

あの子に見覚えが少しだけある。確か…

あ…あの子だ…僕が「また来世で会おうね」って言った子だ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
入翠の心の中

花香はすぐ付けた名前。あの子はあなたで違いない。けど少し姿が変わってる。


調べがいがあるな。ふふっ
その日はあなたと一緒に眠りについた…