無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

能力 莉愛夏
おめでとう
君は選ばれた。
、、、、、、、、、誰かしら。



聞いたことのない声だわ。
フフッそうだろうね。
僕も君は知らないよ?
あなたは、誰?
教えられないんだよ。ルールだからね?
ルール、、、、、、何のゲームをしているのかしら?
ゲームじゃないよ?
、、、そう。



何の用かしら?
何の能力が、欲しいかい?
能力?今の暮らしで、満足ですわ。
さすが、お金持ちだね~。
まぁ。ありがとう。
でも、これもルールだ、何の能力がいい?なんでもいいよ?
そうね。それなら、、、、、




























姫川莉愛夏
姫川莉愛夏
願いがなんでも叶う能力。
、、、





























いいよ。
ただし、願いは5つまでだ。
いいわ。
代償は願いを5つ叶え終わってからの君の人生でいいかな?
願いを叶えたら私は、消えると言いたいのね。
姫川莉愛夏
姫川莉愛夏
いいわ。
じゃあ、そうするよ?