無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

能力 巧翔
やあ、
ん?なんだ?
おめでとう。
は?なにを言ってるんだ、こいつ。



というか、誰だよ。
フフッ さっきの子も聞いてきたよ。
残念だけど教えられないよ?
ルールだからネ。
ルール?何のだよ。
それより、喜びなよ。
なにを、だよ。



知らない奴の声聞いて、喜ぶ奴いるのかよ。
君は、千年に一度の七人に選ばれたんだから。
ハハッ



なにいってんだよ。
嘘じゃないよ?
君は、何の能力が欲しい?
能力か、嘘っぽいけど、、、、、、、、、


























浜田巧翔
浜田巧翔
人の心の声を聞ける能力。
、、、


























いいよ。代償は、耳でいいね?
代償か、、、、、、
浜田巧翔
浜田巧翔
お好きなように。
考えるのも面倒だ。