無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

一日目;午前 真珠
葉桜真珠
葉桜真珠
行って来ま~す!!!
そう言いながら私はドアノブに手をかけようとした。



ん?



ドアノブ、、、どこ?
ちょっと、今日は花持って行かないの?
葉桜真珠
葉桜真珠
あ、、、そうだった。
はい。
そう言ってママは私に一輪の花を渡した。
葉桜真珠
葉桜真珠
今日はどの子?
今日は、四つ葉のクローバー。枯らさないでね、探すの大変だったのよ。
うん!!!ありがとう!
じゃあね。いってらっしゃい、真珠。
葉桜真珠
葉桜真珠
行って来ます!!!
そう言って私は心の中で四つ葉のクローバーに声をかける。



“ドアノブはどこ?”



四つ葉のクローバーは、、、



“もう少し右、、、あ、行き過ぎもうちょっと左にいって。”



そう答えてくれた。



“ありがとう”



そう思いながら、ドアを押して外にでる。



私はまた、心の中で四つ葉のクローバーに話しかけた。



“学校はどっち?”



前の学校の位置なら覚えているけど、今の学校は入学したばかりで、まだよくわからないところがある。



“最初は右”



“ありがと”



そんな風に会話をしながら学校についた。

























─────────────────────────────────
葉桜真珠
葉桜真珠
あ、晴斗?
葉桜真珠
葉桜真珠
晴斗?おはよー!!!
目は見えないけど晴斗だけは、いることが分かる。



幼なじみだし、気配感じやすいんだよね。



晴斗は影薄い方なんだけどな~。



ていうか、晴斗反応なしか、、、、、、



晴斗って塩対応だけどここまでだったっけ?



もう少し優しかった気が、、、



晴斗じゃなかった?



まさかね。



今まで、間違ったことないし、、、



どうしたんだろ?
葉桜真珠
葉桜真珠
ねぇ。晴斗~?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
ん?
葉桜真珠
葉桜真珠
やっと反応、、、
芹澤晴斗
芹澤晴斗
なに?
葉桜真珠
葉桜真珠
え、いや、おはよ?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
なぜに疑問系?
葉桜真珠
葉桜真珠
いや、なんか、、、晴斗ってこんなに塩対応だったっけ?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
、、、
葉桜真珠
葉桜真珠
ん?どうしたん?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
昨日、変な夢、見たんだよ。
葉桜真珠
葉桜真珠
夢?どんな?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
全く知らない奴に何の能力が欲しいかって聞かれた。
え、、、、、、、、、



私、、、



それ、、、



五年前に、、、
芹澤晴斗
芹澤晴斗
どうした?
葉桜真珠
葉桜真珠
いや、あの、、私、、、五年前に、、、、同じような、、、夢、、、、、みた?
芹澤晴斗
芹澤晴斗
俺にきくな。
葉桜真珠
葉桜真珠
何の能力が欲しいか聞かれて答えたら、代償は、目でいいかって、聞かれて、、、、、よくわかんなくていいっていったら、それから目が見えなくなって、、、、、突然見えなくなって、、、、、、、、、
芹澤晴斗
芹澤晴斗
、、、、、なんで、泣いてんの?
葉桜真珠
葉桜真珠
え?
気付いたら泣いてた。



あの時自分の目が見えなくなったことに相当なショックを受けていたんだ。



そしたら、もっと泣いちゃって廊下を歩いてる人からも心配されちゃった。



情けない、、、
芹澤晴斗
芹澤晴斗
真珠。
葉桜真珠
葉桜真珠
ん?
名前を呼ばれたのって久し振りな気がするな。
芹澤晴斗
芹澤晴斗
後で、もっかい話そ。
葉桜真珠
葉桜真珠
、、、うん。