無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

せんぱいたち!
ガラガラガラ…バン!
『おっ、まだ居たみたいだぞ。新1年生が』
『おーっ!遅刻はダメだぞ〜!ていうか!ちっこいねー!』
『おいクソ川。その顔やめろ』
『もー!モテない男のセガミは酷いぞー!岩ちゃん!』
『ゔるっせぇ!ボゲェ!』
ボゴッ
『い゙ったぁー!もう!及川さんの頭が壊れちゃったらどうしてくれるの!』
『知らんわ!ボゲェ!』
『てか岩ちゃっ(((
金田一勇太郎
金田一勇太郎
あっ、あのー!すいません!俺らはどうすれば…?
岩泉一
岩泉一
あぁ悪ぃな。うちのクソ川が。
及川徹
及川徹
もう!クソとかボゲェとか!1年生の教育に悪いよ!岩ちゃん!
岩泉一
岩泉一
お前がクソなのが悪い!
及川徹
及川徹
えっ!なんでー!酷いよー岩ちゃん!
岩泉一
岩泉一
あぁ。また話が逸れちまったな。これで新しく入る部員は揃ったなー?
及川徹
及川徹
あぁー。逸れてたね!ごっめーんみんな!揃ってるよー多分!
岩泉一
岩泉一
うざい。
及川徹
及川徹
もぉー!酷いなぁー!まぁ岩ちゃんだから許してあげるよ!さぁみんな順番に簡単な自己紹介してってねー!
みんなの自己紹介が終わった。次はせんぱいたちの自己紹介の番。
及川徹
及川徹
じゃー俺から自己紹介するねー!この部のキャプテン!及川徹!ポジションはs(セッター)だよ!
岩泉一
岩泉一
こんな奴がキャプテン不安に思ったやつも居るだろうな。安心しろ
岩泉一
岩泉一
俺も不安だ。
及川徹
及川徹
むー!
国見英
国見英
(どう安心すればいいんだ?)
金田一勇太郎
金田一勇太郎
(面白そうな人達だ!)
影山飛雄
影山飛雄
(おいかわさん…!教えてもらう!!!!)
及川徹
及川徹
まぁいいよ!続けて続けて!時間が押してきてるかも!(なんだか影山飛雄だったかな。そいつがキラキラした目でこっちを見てくる…!)
岩泉一
岩泉一
岩泉一だ。ポジションはws(ウイングスパイカー)だ。よろしくな!
金田一勇太郎
金田一勇太郎
(おおお!俺と同じポジション!俺も教えてもらおう…!)
せんぱい全員の自己紹介がおわった。
おれはこれからの生活が楽しみで楽しみでしかたがない!うれしくて。たのしくて。笑いがこみ上げてくる!
国見英
国見英
あっ…(ボソッ)
金田一勇太郎
金田一勇太郎
どうした?(ボソッ)
国見英
国見英
みて。とびお。うれしそうに、楽しそうに、わらってるよ。(ボソッ
金田一勇太郎
金田一勇太郎
ほっほんとだなっ(ボソッ
国見英
国見英
(なんだか、とびおが可愛いと思うのはおれは疲れてるからなのか?)
影山飛雄
影山飛雄
ニパー!
岩泉一
岩泉一
(なんだか1年の影山っつったかな、の笑顔が眩しいな。)
✂――――――キリトリ――――――✂
作者ですけども
作者ですけども
さっすが阿吽コンビ!!!ネタが尽きないね!!そのせいで何回も何回も話がそれてしまったよ!!!
作者ですけども
作者ですけども
でもネタ切れするよかマシだね!!!!
作者ですけども
作者ですけども
たのちぃ!!!
作者ですけども
作者ですけども
(*´∇`)ノ ではでは~さよなら