無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

岩ちゃん視点
俺は別に嫌いではなかった
金田一と国見と影山は
俺にとって可愛い後輩だったから
でも
ある意味
俺は
あいつらに苦手意識を持っていたのかもしれない
それは
及川は基本的にへらへらしている男だ
でもそいつが笑わない時期があったんだ
及川が、天才の壁に悩まされてた
それを俺が、1番よく知っていたからだ
及川が悩まされて
悩まされて
悩まされて
及川の精神はぼろぼろ
後輩に追い抜かれそう
牛島になんでかてねぇんだ
常に及川の目の前には天才の壁
色んな心情が押し寄せていただろう
オーバーワーク気味にもなっていた
そんな時
影山がいつも通り教えを乞いにいった
したら
あろう事か及川は
後輩を殴ろうとした
でも、殴るのをとめたのは
影山に傷が着くから
なんて
理由ではない
例えば、ここで及川が殴ったとしよう
そしたら
最悪及川のパワーで影山に相当な怪我が行ったら
それを影山のお袋が学校に告発したら
最悪及川は出して貰えなくなる。
当然信用だってなくなる
だから止めたんだ
でもちゃんと影山のことも思った
でも、その後俺は
岩泉一
岩泉一
相手が天才1年だろうが!ウシワカだろうが!バレーはコートに6人だべや!6人で強い方が強いんだろうが!
岩泉一
岩泉一
ボゲが!
及川徹
及川徹
っ!
俺は
及川を覚ますために
影山を敵としてみたてた
俺はいつか止めようと思ってた
でも俺はこの機会を使って
どうにかして
及川を本調子にしようと思った
それで、ただ我武者羅に、言葉を放った
そしたらあぁなったんだ
そんなことを言ったのを知っているのか知らないのか
そんなことわかんねぇけど
影山は俺を慕ってくれている
✄--------------✄
作者ですけども
作者ですけども
へっへなんかもう国見ちゃんの嫌いな言葉第2位状態でやりますた
作者ですけども
作者ですけども
てかてかお父上と母上が険悪なムードーーーー
作者ですけども
作者ですけども
父上っておこになったら箸居るくせでもあんのか?あん?
作者ですけども
作者ですけども
ってくらいに橋を毎回折りやがるんすよ
作者ですけども
作者ですけども
やばいよね‪‪w
作者ですけども
作者ですけども
てか今草生やした?けど今実際はわろえないからね
作者ですけども
作者ですけども
たすけてー
作者ですけども
作者ですけども
誰かムードを明るくしてー