無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

私が本当の事を話せない理由
昔から言われてきた。私の将来のこと。人生のこと。










親は期待し過ぎなんだよな。私に。












私は別に特別じゃない。










のに、あんな風になって欲しいだとか、あんな風になっちゃダメだとか










でもそんなにいい子に育てたいの? 私で生きていたら何か悪いことでもあるの?











【悪い子じゃいけないの?】














何で今の若い子は芸能界入りたがるんやろ。

アイドルとかなったアカンで。恐いし、あなたが川栄みたいに刺されたらどうすんの
そうそう。アイドルとか色々問題ありすぎるやろ。

女優とかやったら守られるけどアイドルは結構放置やからなぁ
きらり
そうだよね! 芸能界とか興味無さすぎ...  刺されるとかも怖すぎるわ





本当はずっと憧れてた。キラキラしていて、可愛いステージ






真ん中でスポットライトを浴びること。







私に憧れてもらうこと。










何より、世界一のアイドルになって世界中の人々を笑顔にすること。








理解して欲しくても、まず言い出せないこの気持ち。

助けて。ねぇ。誰か。