無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

257
2021/06/17

第3話

初指名 ー月崎ー 🔞
休日
私は、ソファーで寝転んでいた。
(あなた)
(あなた)
.........
暇だ。
(あなた)
(あなた)
......ああ!暇!
勢いよくソファーから起き上がる。
(あなた)
(あなた)
かと言って、外に遊びに行くのも面倒臭い...。
(あなた)
(あなた)
でも、1人でゲームするのもなあ...。
悩みに悩んだ結果...。
(あなた)
(あなた)
あ、レンタル彼氏の中にゲーマーの人居たよね...。
私は、スマホからレンタル彼氏サイトを開き、月崎志麻さんを指名した。
(あなた)
(あなた)
よーし、ゲーム仲間ができた...w
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
30分後
\ピンポーン/
(あなた)
(あなた)
(お、きたきた...!)
(あなた)
(あなた)
はーい、今行きまーす!
私は早歩きで玄関に向かう。
ガチャ
月崎志麻
月崎志麻
よっ、指名ありがとな。
紫色の髪が綺麗な男性が立っていた。
(あなた)
(あなた)
貴方が月崎さんですか?
月崎志麻
月崎志麻
ああ、月崎志麻だ。
月崎志麻
月崎志麻
あ、ほい、これ。
(あなた)
(あなた)
ん?
袋の中には、飲み物が入っていた。
月崎志麻
月崎志麻
ちょっとした手土産だ。
(あなた)
(あなた)
ありがとう!
(あなた)
(あなた)
玄関で立ち話もあれだし、中入って〜
月崎志麻
月崎志麻
おう、お邪魔しまーす!
私たちは部屋の中に入った。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
月崎志麻
月崎志麻
よいしょ〜
月崎志麻
月崎志麻
んで、何しよっか?
(あなた)
(あなた)
ゲームしよ!
月崎志麻
月崎志麻
お!いいね〜
(あなた)
(あなた)
丁度いいゲームを持ってるんよ〜
月崎志麻
月崎志麻
なんのゲーム?
(あなた)
(あなた)
マ○カー
月崎志麻
月崎志麻
おお〜!
月崎志麻
月崎志麻
やろうやろう!
(あなた)
(あなた)
よーし!負けないよ!
月崎志麻
月崎志麻
俺も!
そうして、私たちはマ○カーを始めた。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
数分後
(あなた)
(あなた)
...
月崎志麻
月崎志麻
お、おい...あなた?
(あなた)
(あなた)
...月崎さん強すぎる...。
今のところ、私の勝った回数は...zero〜🎶
月崎志麻
月崎志麻
...そんな凹むなよ...。
(あなた)
(あなた)
うぅ〜...(இдஇ; )
ぎゅっ
(あなた)
(あなた)
!?!?
月崎さんがハグしてきた。
月崎志麻
月崎志麻
ごめんな、もう泣くな...
月崎志麻
月崎志麻
よしよし...
(あなた)
(あなた)
...うん...。
(あなた)
(あなた)
(月崎さんは浦田さんとは違って優しいなあ...)
私は少しの間、月崎さんの胸に顔を埋めた。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
(あなた)
(あなた)
はぁ、結局勝てなかった...w
(あなた)
(あなた)
絶対上手くなってやる!
月崎志麻
月崎志麻
頑張れ〜w
(あなた)
(あなた)
ね!ね!私見たい映画あるんだけど見ていい?
月崎志麻
月崎志麻
お、映画か!いいじゃん
月崎志麻
月崎志麻
何見るん?
(あなた)
(あなた)
「娼年」か「おまえ次第」
月崎志麻
月崎志麻
おいw
(あなた)
(あなた)
なに?
月崎志麻
月崎志麻
両方エロ映画やないかw
(あなた)
(あなた)
www
月崎志麻
月崎志麻
不満なんか?
(あなた)
(あなた)
ち...違うし!!////
月崎志麻
月崎志麻
ほんま?
月崎さんが私の方をじっと見てくる。
その目は、まるで私をビッチのように見る目で...。
(あなた)
(あなた)
...違うから〜!!!
月崎志麻
月崎志麻
わかってるよw
月崎志麻
月崎志麻
じゃ、映画見る前に、おつまみでも作るか。
(あなた)
(あなた)
お、いいね〜
そう言うと、月崎さんはキッチンに向かう。
(あなた)
(あなた)
大丈夫?なんか手伝おうか?
月崎志麻
月崎志麻
いや、あなたは準備してて〜
(あなた)
(あなた)
りょー
月崎さんはおつまみ作り、私は映画の準備をした。
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
月崎志麻
月崎志麻
ほい、きのこの炒め物
(あなた)
(あなた)
わあ、美味しそう!
月崎志麻
月崎志麻
そう?ありがと。
(あなた)
(あなた)
あ、お酒は何がいい?
(あなた)
(あなた)
と言っても、私弱いから度数低いやつしかないけど...w
月崎志麻
月崎志麻
別にいいよwちょうだい。
(あなた)
(あなた)
はーい
私は、お酒を冷蔵庫から出す。
(あなた)
(あなた)
よいしょ...
(あなた)
(あなた)
さーて、見るか〜
月崎志麻
月崎志麻
なんでそんなノリノリなんだよw
月崎志麻
月崎志麻
さては...やはり...。
月崎は考える振りをする。
(あなた)
(あなた)
だーかーらー!!違うから!!
月崎志麻
月崎志麻
はいはいwww
月崎志麻
月崎志麻
見よかw
(あなた)
(あなた)
うん
私たちは映画を見だした。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
(あなた)
(あなた)
え...待って...結構激しい.../////
(あなた)
(あなた)
うわぁ...これはなかなか...♡♡
月崎志麻
月崎志麻
...
(あなた)
(あなた)
こんな積極的なの、されてみたいなあ...
月崎志麻
月崎志麻
...!
月崎志麻
月崎志麻
...叶えてやるよ...
(あなた)
(あなた)
ん?なんか言った?
月崎志麻
月崎志麻
いや、別に〜
こうして、私たちは映画を見進めた。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
映画終了後
(あなた)
(あなた)
...いやぁ...なかなか凄かったwww
月崎志麻
月崎志麻
だなwww
(あなた)
(あなた)
特にさ、あの主人公とヒロインの激しいH...あそこはやばかった...
(あなた)
(あなた)
私まで少し興奮しちゃった...w
月崎志麻
月崎志麻
...へぇ...
月崎さんが私を押し倒す。
(あなた)
(あなた)
え?え...?
今の状況が理解できない。
月崎志麻
月崎志麻
お前さ、映画の間呟いてたな「こんな積極的なの、されてみたいなあ...」って。
(あなた)
(あなた)
...聞いてたの?////
月崎志麻
月崎志麻
ああ
月崎志麻
月崎志麻
なあ、あなた。されたいの?耳元
(あなた)
(あなた)
!?!?!?
(あなた)
(あなた)
み...耳元はずるい...//////
月崎志麻
月崎志麻
...はむっ
月崎さんは私の耳をはむはむする。
(あなた)
(あなた)
んぅっ...♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
ん...はむっ...
(あなた)
(あなた)
やめっ...♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
...止めない...
月崎志麻
月崎志麻
かわいいなぁ...
ちゅっ
(あなた)
(あなた)
んっ...♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
はあ...んっ...
クチュクチュ
(あなた)
(あなた)
んぅっ...はあっ...♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
ぷはっ...。
私は初めてディープキスされた。
なんだろう...ものすごく興奮する...。
(あなた)
(あなた)
ねぇ...志麻さん...?
私は初めて下の名前で呼んだ。
月崎志麻
月崎志麻
なに?
(あなた)
(あなた)
...もっと...シて...?♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
...
月崎志麻
月崎志麻
ったく...初指名は料金発生しないからって...。
月崎志麻
月崎志麻
いいよ、シてあげる。
月崎志麻
月崎志麻
だが、俺を誘ったこと...後悔するんだな。
(あなた)
(あなた)
どういうこt…
私は、再びディープキスで口を塞がれた。
(あなた)
(あなた)
んぅっ...♡♡/////
月崎志麻
月崎志麻
ぷはっ...
月崎志麻
月崎志麻
【今夜は寝かせねぇ...。】
私は、この後の記憶が無い。
ただ、志麻さんに処女を奪われたというのはわかる。
でも、そこら辺の男とヤるより気持ちいいんじゃないかと感じた。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
次の日、私達は裸のままベッドに横になっていた。
多分、ヤってすぐ眠ったのだろう。
起き上がってゴミ箱を見ると「あ、昨日ヤったのか...」とわかるコンドームの箱とゴム。
服を着ようとベッドから立つと...
月崎志麻
月崎志麻
おはよ、あなた。
志麻さんも今起きたばかりで、服を着ようとしている途中だった。
(あなた)
(あなた)
おはよ
(あなた)
(あなた)
てか、あのコンドームどこから持ってきたの。
月崎志麻
月崎志麻
ん?俺たちは常にコンドームは持ってるんだ。
(あなた)
(あなた)
そうなんだね笑
やっぱり、私以外ともしてるんだな...と少し悲しくなる。
月崎志麻
月崎志麻
でも、俺、最近は誰にも構わずHしてないんよ。
(あなた)
(あなた)
そうなの?
月崎志麻
月崎志麻
ああ、やっぱりヤってて気持ちいい人としかヤらないからな。
月崎志麻
月崎志麻
強制でHとか、下手くそな子は嫌なの。
(あなた)
(あなた)
...私はどうだった?
月崎志麻
月崎志麻
...久しぶりに気持ちよかった。
月崎志麻
月崎志麻
1番かも...
(あなた)
(あなた)
....../////
(あなた)
(あなた)
あ......ありがと....../////
私は赤面した。
ヤってて「気持ちいい」と言われるのがこんなに恥ずかしいとは思わなかった。
でも、心の片隅では、そうやって言われてとても嬉しかった。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
月崎志麻
月崎志麻
そろそろ時間だから行かないと。
(あなた)
(あなた)
うん...わかった。
月崎志麻
月崎志麻
また、指名してくれよな。
(あなた)
(あなた)
はい...。
私の目から、涙がスーッと流れた。
月崎志麻
月崎志麻
泣き虫だなあ...w
(あなた)
(あなた)
だ、だって...さよならなんて悲しいもん...。
私は、本音を話した。
月崎志麻
月崎志麻
...そうだよな、悲しいよな。
ぎゅっ...
志麻さんは私を抱き寄せる。
月崎志麻
月崎志麻
大丈夫、あなたがまた指名してくれたら、また遊びに来るからさ。
月崎志麻
月崎志麻
それまで、待ってるからさ。
そんな言葉が私を優しく包み込む。
(あなた)
(あなた)
はい...。絶対指名します。
月崎志麻
月崎志麻
ふふっ、ありがと。
志麻さんは、抱きしめていた手を離した。
そして、私の顎を持ち、顔を上に向ける。
そして、私の唇にフレンチキスした。
月崎志麻
月崎志麻
じゃ、行ってくるわ。
月崎志麻
月崎志麻
じゃあな、あなた。
(あなた)
(あなた)
うん!
志麻さんは私の家から出ていった。
私の唇にはまだ、志麻さんの温もりが残っていた。
月崎さんは、ゲームが強くて、料理が上手くて、優しい...。
そして、ある意味積極的な男性です...笑。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
本日は【月崎志麻】のご指名、ありがとうございます。
次のご利用をお待ちしております。
レンタル彼氏サイト運営者 紫吹翡翠
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
紫吹翡翠
紫吹翡翠
はい、翡翠です!
紫吹翡翠
紫吹翡翠
...R-18になりましたwww
紫吹翡翠
紫吹翡翠
すみません、私自身志麻くん推しなんです...www
紫吹翡翠
紫吹翡翠
志麻くん...ってなると、つい妄想が膨らんじゃって...。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
まあ...楽しいから良きですwww
紫吹翡翠
紫吹翡翠
じゃあ、また、次でお会いしましょう。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
チャオ!