無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

205
2021/06/18

第4話

初指名 ー坂田ー
あ、どうも、私です!
昨日、近くの商店街でくじ引きをしていたので、なんとなく引いてみたら...。
遊園地の2組チケットが当たってしまった。
(あなた)
(あなた)
どうしよう...。
(あなた)
(あなた)
誰かにあげようにも、遊園地に行くような友達居ないからなぁ...。
(あなた)
(あなた)
転売するのもなあ...勿体ない気がする...。
悩みに悩んだ結果...。
(あなた)
(あなた)
なんか、一緒に楽しんで遊園地デートしてくれるレンタル彼氏居なかったかな...。
最近、レンタル彼氏サイトを良く見ている自分が居る...。
(あなた)
(あなた)
ん〜、坂田さんなら、楽しんでくれそうだな。
私は今回、坂田さんを指名し、集合をその遊園地にした。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
次の日
坂田明
坂田明
あ!君があなたちゃん?
赤髪のいかにも元気そうな男性が居た。
(あなた)
(あなた)
そうです〜!
坂田明
坂田明
俺!坂田明って言います!よろしくな!
坂田明
坂田明
てか、すげぇな!遊園地のチケット当てちゃうなんてさ!!
(あなた)
(あなた)
まあ、たまたまだけどね...w
坂田明
坂田明
たまたまだけどすごいよな!ほんと!
(あなた)
(あなた)
だね〜
坂田明
坂田明
よし!早速入園するか!!
坂田明
坂田明
いやー!楽しみー!!
(あなた)
(あなた)
ふふっ、弟みたいw
坂田明
坂田明
そうか?w弟みたいにかわいがってや!w
(あなた)
(あなた)
わかったわかったw
めっちゃかわいい、面白いしw
本当に弟みたいで子犬みたい...w
と思いながら、私たちは遊園地に入った。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
坂田明
坂田明
わあ...!!
坂田明
坂田明
すっげぇ...。
坂田さんは目をキラキラさせている。
ほんと、子供みたい...w
坂田明
坂田明
なあなあ!あれ乗ろうや!!
坂田はメリーゴーランドを指さす。
(あなた)
(あなた)
えー、他にアトラクションあるじゃん...。
(あなた)
(あなた)
ジェットコースターとか...
坂田明
坂田明
嫌だ!怖いのやだ!!
(あなた)
(あなた)
子供かw
坂田明
坂田明
子供や!!
(あなた)
(あなた)
wwww
(あなた)
(あなた)
わかった、乗るわw
坂田明
坂田明
ありがと〜!!
かわいいなぁ...。
私たちはメリーゴーランドに乗った。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
坂田明
坂田明
あー!楽しかった〜!
(あなた)
(あなた)
よかった〜
(あなた)
(あなた)
そろそろご飯にしよっか!
坂田明
坂田明
ああ、そうやな!
坂田明
坂田明
てか、もう昼なんやな〜
(あなた)
(あなた)
早いね
坂田明
坂田明
もう少ししたら、お別れなんかあ
坂田明
坂田明
寂し...
(あなた)
(あなた)
また呼んであげるからさ!ね?
坂田明
坂田明
ありがとう!めっちゃ嬉しい!
(あなた)
(あなた)
いえいえ😊
(あなた)
(あなた)
ご飯、何にしよっか?
坂田明
坂田明
俺はね〜...ん〜...。ハンバーガー!
(あなた)
(あなた)
私も同じにしようかな!
坂田明
坂田明
お、いいねぇー!カップル感出てきた〜!
(あなた)
(あなた)
なにwカップル感ってwww
坂田明
坂田明
カップル感はカップル感や!
(あなた)
(あなた)
www
私たちは、ハンバーガーを食べた。
その後も、色んなアトラクションに乗った。
ジェットコースターにも乗ってくれた坂田さん...。
案の定、叫び続けてたけど...www
そんな中でも、しっかり私の手を握ってくれた。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
(あなた)
(あなた)
最後はやっぱ、これでしょ!
坂田明
坂田明
うげ...お化け屋敷...。
私がお化け屋敷を指さした瞬間、坂田さんはいかにも嫌そうな声を出した。
(あなた)
(あなた)
ね?行こうよ〜
坂田明
坂田明
うぅ...仕方ない...。
いかにも泣きそうな坂田さんを連れてお化け屋敷に入る。
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
(あなた)
(あなた)
ここのお化け屋敷結構怖いって有名らしいよ?
坂田明
坂田明
...先逃げたらごめんな。
(あなた)
(あなた)
坂田さんをお化けみたいに猛ダッシュで追いかける。
坂田明
坂田明
それはそれで怖いんやけど!?!?
そんな話をしながらだったため、最初は2人ともあまり怖さを感じなかった。
少し進んで、終盤...
私達は大きい部屋に着いた。
(あなた)
(あなた)
なになに!?
坂田明
坂田明
急に声出さないでよ!怖いじゃん!
「ヴァァ...」
お化け役の人が私の手を掴む。
(あなた)
(あなた)
え!?やめて!離して!
生暖かさが余計怖かった。
その時...
坂田明
坂田明
おい、辞めろやお前。
坂田明
坂田明
あなたちゃんから手ぇ離せ
(あなた)
(あなた)
...え?
「...?」
お化け役の人も困惑している。
(あなた)
(あなた)
ちょ...坂田さん、振りだっt…
坂田明
坂田明
はよ手ぇ離せや!!!
坂田明
坂田明
汚い手で触んな、ダボが。
もしかして...怖すぎて逆ギレしてる...?
坂田明
坂田明
聞こえてんのか...?手ぇ離せ言ってんねん。
そう言っていた時の坂田さんの目は、今まで見たことがない、いかにもキレている目だ。
「...すみません...」
お化け役の人が離れて、出口のドアが開く。
(あなた)
(あなた)
坂田さん、行こ...。
坂田明
坂田明
...。
周りの空気がお化け屋敷より冷えた状態でアトラクションから出た。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
アトラクションから出てから...。
坂田明
坂田明
ごめん...台無しにしてしもた...。
坂田さんが深々頭を下げる。
(あなた)
(あなた)
い、いいんだよ?
(あなた)
(あなた)
坂田さんは私が襲われるって思ったんだよね?
(あなた)
(あなた)
それに、怖すぎて逆ギレしたんだよね?
そう聞くと、坂田さんは小さく頷いた。
坂田明
坂田明
ほんま、ごめん...。
...坂田さん、落ち込んでる...。
(あなた)
(あなた)
あの時、ああやって言ってくれて、嬉しかったな。
(あなた)
(あなた)
実は、めっちゃ怖かったの。
(あなた)
(あなた)
いきなり掴まれるんだもん。
(あなた)
(あなた)
ありがと、坂田さん。
そう言うと、坂田さんは私を抱き寄せる。
坂田明
坂田明
大丈夫や、俺が居るから、誰にも襲わせやしない。
坂田明
坂田明
俺も男や、それぐらいの覚悟はできとる。
坂田明
坂田明
だから、安心して?
なんだろう...いつもふざけてる坂田さんなのに。
急にそんな真面目になると、かっこよすぎる...。
(あなた)
(あなた)
...ありがと。
坂田明
坂田明
ええよ。
坂田明
坂田明
あなたちゃん、こっち向いて?
坂田さんが私の名前(ユーザーネーム)を呼ぶ。
(あなた)
(あなた)
ん?
ちゅっ
(あなた)
(あなた)
!?!?!?
坂田明
坂田明
ふふっ、これでお化け屋敷の件はチャラやな。
(あなた)
(あなた)
........./////
坂田明
坂田明
...もう、行かないと...。
(あなた)
(あなた)
う、うん...。
坂田明
坂田明
寂しいけど、あなたちゃんがまた指名してくれるの待ってるからね。
坂田明
坂田明
じゃあね。
坂田さんは夜の街に消えていった。
(あなた)
(あなた)
...今日はありがとう、坂田さん。
私も、夜に消えていった。
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
本日は【坂田明】のご指名、ありがとうございます。
次のご利用をお待ちしております。
レンタル彼氏サイト運営者 紫吹翡翠👾
▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬ஜ۩۞۩ஜ▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬▬
紫吹翡翠
紫吹翡翠
はい、翡翠です!
紫吹翡翠
紫吹翡翠
坂田さん話です!
紫吹翡翠
紫吹翡翠
なんか、話の途中でぐちゃぐちゃになりましたwww
紫吹翡翠
紫吹翡翠
多分、遊園地であんなのしたら出禁やわwww
紫吹翡翠
紫吹翡翠
まあ、小説なんで...ね...?
紫吹翡翠
紫吹翡翠
という話は置いといて...。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
次で一応、初指名話は最後になります〜。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
というわけで質問なんですが...。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
[💜💛×貴方]とか[💚❤️×貴方]、[💜❤️×貴方]・[💚💛×貴方]を作ってほしいですか?
※レンタル彼氏サイトの💚💜❤️💛達は何度か会っています。
紫吹翡翠
紫吹翡翠
それとも、1人ずつがいいですか?
紫吹翡翠
紫吹翡翠
まあ、2×1なんか逆ハーレムですけどねwww(歪んだ考えの持ち主)
紫吹翡翠
紫吹翡翠
まあ、アンケートしますわw

アンケート

2×1の回を作るか、1×1のままで貫くか?
作ってほしい!
79%
いや!大丈夫!
9%
そんなことよりおうどん食べたい。
13%
投票数: 56票
紫吹翡翠
紫吹翡翠
ぜひ投票よろしくです〜
紫吹翡翠
紫吹翡翠
じゃあ、長くなったけど、またね!
紫吹翡翠
紫吹翡翠
チャオ!