プリ小説
一覧へ

第2話

2
ここが私の部屋……




結構広いなぁ




「コンコン」
あなた

はーい

ななもり
あ、入っていい?
ななもり
あなたちゃんって
晩御飯食べた?
あなた

そういえば……まだです

ななもり
じゃあ俺が作るから。
まってて
あなた

ありがとうございます






本当にすとぷりってやさしいんだなぁ












ななもり
できたよー
あなた

わぁ。おいしそう。
オムライス……

ななもり
オムライス嫌いだった?
あなた

いや、大好きです。

あなた

いただきます

ななもり
あはは
ななもり
焦らなくていいよ。
ゆっくり食べて
あなた

……はい。








やばい。優しすぎる
ななもり
そういえば服って
莉犬くんの?
あなた

はい。ちょっと大きかったけど
莉犬くんの以外大きすぎるかな……
って思って。

ななもり
あは。そうだね











優しく笑いかけられるとすごい

胸が締められる感じがする
あなた

ご馳走様でした

あなた

あ、お皿とか片付けます。

ななもり
いいよいいよ。
あなた

いえ、でもご馳走になったので

ななもり
じゃあお願いしようかな
あなた

はい










家庭科は得意だから大丈夫……





家でもしてるし……
ななもり
……
あなた

終わりました!

ななもり
お疲れ様。
そういえば傷は大丈夫?
あなた

あ、お風呂で泥とかを
洗い流したままでした

ななもり
ちょっとじっとしててね。
手当するから。
あなた

ありがとうございます

ななもり
そういえばさ……
あなた

ななもり
洗い物の時なんで腕まくらなかったの?
ななもり
いや、そんな細かいこと
気にしない方がいいんだと思うけど
気になっちゃって、
袖に水がつきそうでハラハラして……











リスカがあるからなんて言えない。



あなた

それは……






グイ






あ、なーくんに袖をまくられた。
ななもり
これ
あなた

リスカ……です。

ななもり
何があったとかは聞かないけど……
なにか抱え込んでるなら
いつでも相談に乗るから。
言ってね。
あなた

ありがとうございます。
あの、ほかのメンバーに
言わないでください。

ななもり
なんで?
あなた

こんな跡があるやつと
一緒に居たくないかな……って

ななもり
俺は全然いいと思うけどな。
すとぷりみんないい人だから。
でもいいよ。秘密ね。
あなた

ありがとうございます








すっごい優しい……
あなた

そういえばななもりさん……

ななもり
ん?
あなた

首元の赤い跡って……

あなた

キスm……

ななもり
あー!
言わないで!/////
あなた

やっぱり

ななもり
これはその……
前にジェルくんに付けられて……








あ、ご馳走様です。




ななもり
ほんとごめんね。情けなくて
あなた

いや、全然。
むしろ興奮……いえ、なんでもないです

ななもり
あは。じゃあ傷の手当も終わったし。
今日はもう部屋に行っていいよ
あなた

ありがとうございます







言うところだった!



腐女子だってバレたら



引かれる!









ん?お風呂から話し声……
るぅと
ころんせんせい。ダメですよ。
あんな無防備にドアが空いてる部屋で
ころん
反省してます。
るぅと
もう。ころんくんは
何回言ってもだめだから……
ころん
るぅとくんに怒られるのが
楽しいの……
るぅと
……ころんくん。/////
ころん
すき?
るぅと
当たり前じゃないですか
あなた

ちょ、もう。最高すぎる。ここ

ん?こっちの部屋は

さとみくんの部屋?
莉犬
いけー!
さとみ
ちょʬやめろ
ゲームしてるのか……





って!




莉犬くんジェルくんの膝の上で

してるじゃん!
莉犬
倒すぞーー
さとみ
うわぁぁぁぁぁ

負けたぁぁぁぁ
莉犬
さとみくんが負けたから……

頭ポンポンね?
さとみ
…………そんなんじゃ足りない




ぎゅーーーーー!
莉犬
ちょ、さとみくん。
やばい抱きしめてる
莉犬
離し……
さとみ
離したくない。

莉犬小さいから 抱きしめやすいな
莉犬
もぅ。







ここ最高すぎです!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

柚木
柚木
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る