無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

332
2021/05/07

第7話

信じてる
それがきっかけで北川第一では3年になるまで私は部活にまともに参加出来なかった
参加させて貰えなかった
影山はずっと私の傍で信じてくれていた
『お前ら、信じてるよ』
そんなこと言ってる割に信じてもらえていなかった自分が悔しくて
烏野高校に来たのは試合を見た時







負けてた烏野、







負けていても仲間を攻めなかった烏野








そこに惹かれたから
飛雄が来たのは思いもよらなかったけど










嬉しかった
ここでは仲間が"仲間として"歓迎してくれて
居場所を与えてくれて
そんな烏野が大好きなのに
今はもう"信じれなく"なりそうだ
これじゃあ、あの人達と同じじゃないの、