無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

331
2021/05/03

第6話

仕返しを君に
いつも通り部活に向かう
今日は飛雄は追試があり遅くなるので1人で
部室に入る___

部室内を見て驚愕した。


菜乃花さん用のロッカーに何度も
バットで殴られたような跡___。
びっくりしてただ呆然と立ち尽くすしか
無かった
?「え、?」
後ろから声がした
すぐさま後ろを振り返ると菜乃花さんだった
そりゃあびっくりするだろう、
部活に来てみたらロッカーがこんなになっているんだから
あなた:「菜乃花さん、大丈夫ですか?私も今来たのですが来た時にこんなふうになっていt」
及川徹「なにしたn」
及川さんと岩泉先輩が来たのだ
及川徹「ちょっと、これどうなってるの……?」
岩泉一「おい、これはどういうことだ、」
あなた:「私が一番最初に来たのですが来た時かr」
菜乃花:「及川先輩ぃー」
菜乃花さんは涙目で及川さんに抱きつく
及川徹:「一体誰がこんな酷いことを、、?」
菜乃花:「グスンっ、あなた、ちゃん、が、」
岩泉一「は?あなたお前、」
あなた:「違います!私じゃないです!」
及川徹「ねぇ、菜乃花に可愛がられてたのにその恩返しがこれ、、?」
及川さんの低い声と表情で分かる、、怒ってる
及川徹:「もう明日から来なくていいから、あと今日は部活無しにする」