無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
298
2021/06/06

第8話

疑心
新しい"仲間"に喜ぶ皆とは裏腹に

私は苦しくなっていった。


武田:「とりあえずマネージャーの清水さん、谷地さん、谷山さんに内容は教えて貰ってください、なにか困ったことがあれば私に言ってください」
菜乃花:「わかりましたぁ~よろしくお願いします~」
何を考えているのかは知らない、ただ警戒しなきゃ、そう思った


そこから1週間は菜乃花の行動をそっと見るだけだったのに
菜乃花:「あなたちゃん!これはどこに持っていけばいいのかな、?」
菜乃花:「あなたちゃん!一緒に帰ろー!」
菜乃花:「ねぇ!あなたちゃん!このアーティスト好きなの!?」
何故か菜乃花は私に優しかった
それでも私は優しさの裏に何かあると疑い
警戒を続けた
丁度1週間程がたったある日
私は菜乃花と一緒に帰ることが多くなっていた
菜乃花:「あのさ、あなたちゃん……中学の時は、ごめんね、?」
そう言って謝ってきたのだ