無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

32
2019/04/05

第8話

*優しさ*
立花side




如月 立花
裕也……??
私はバレないように見つめ、呟いた。
天野 美弥
先輩……?
あ、あの人ってもしかして……
美弥は何かを察したように呟いた。

正直、この光景だと、私も浮気してるようにすら捉えられるが、美弥は後輩であり、それは裕也も承知済みのはずである。
裕也の職場に、あんな子いなかったな……。


天野 美弥
女の人と話してます……ね?
美弥は気まづそうに私に話しかけた。


ほんと、優しいなぁ。


私は無理やり笑顔を作った。
如月 立花
な、なんでもないわよ!
ほら、冷める前に食べ切っちゃお!
私たちの手元には、コーヒーとミートドリアが1つずつ置かれていた。
私は笑顔を顔に貼り付け、美味しそうに食べだした。

その時、美弥が席を立ち上がった。
如月 立花
美弥?なにかあった?
私がそう声をかけると、美弥は私の手を取って引っ張った。
天野 美弥
先輩、僕やっぱりこの前食べたサンドイッチ食べたいです。
美弥はそう言うと、店員を呼んでドリアを残すことを謝ってから、お金を払いそそくさとお店を出た。


もしかしたら、私がこの店にいるのがきまづいことを悟って連れ出してくれたのかもしれない。

ほんとに、美弥には感謝しかないな。





天野 美弥
……先輩。
如月 立花
ん?
天野 美弥
僕にならどんなことでもいいんで、話してくださいね?
抱え込まないでください。
美弥は私に、いつもの無邪気な笑顔ではなく、魅力的な大人の雰囲気を醸し出した表情をした。


私は、一瞬ときめいた気がした。




如月 立花
美弥……。
ありがとう!!
私は柔らかく微笑んで、美弥の手を引っ張った。








美弥side




先輩と喫茶店に来てみたら、裕也先輩と女の人を見るだなんて……。


僕は、少しイライラしていた。

先輩という存在を差し置いて他の人といるなんて……。
ありえない。


優しくて、頼りがいがあって、可愛い。

僕は、絶対悲しませないのに……ーーーーー。