無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

👽10👽✳ユウト✳
ユウトはあなたをお姫様抱っこをしてしまった。
ユウト
ユウト
ケガない?
あなた

はい。大丈夫です///

するとまたまた観覧車が大きく揺れた
あなた

わぁっ!

ユウト
ユウト
うぁっ!
チュッ
あなた

えっ……?

ユウト
ユウト
えっ?う、うわぁ!(抱っこしていたあなたを降ろす)
あなた

ユウトオッパ?……/////

ユウト
ユウト
ごめん!急に揺れたから!だから、そうしようと思った訳じゃなくて……/////
あなた

事故!事故ですから!大丈夫です。。/////

ユウト
ユウト
ほんとに……ごめん
あなた

・・・

ユウト
ユウト
あのさぁ!
あなた

はい!

ユウト
ユウト
めっちゃこんな気まずい空気の中で言うことじゃないと思うんだけどさぁ
あなた

うん……

ユウト
ユウト
実は俺、あなたのことが好きなんだよね……。
あなた

え?

ユウト
ユウト
いやあの、ごめん!今の忘れて!
あなた

(忘れられるわけないでしょ)

あなた

ありがとうございます。でも今はメンバーに恋愛感情は湧かなくて、、、。

ユウト
ユウト
そうだよね。。いいよ!大丈夫!
あなた

うん……//

ユウト
ユウト
これからもよろしくね……。///
あなた

うん!はい!握手!

ユウト
ユウト
(にこっ)(あなたと握手をする)
ユウト
ユウト
あ!もう少しで観覧車おわるね!
あなた

そうだね!みんなはもう下にいるっぽいよ!

ユウト
ユウト
じゃあ行こ!
あなた

うん!

あなた

(ジノオッパにもユウトオッパにも告白されちゃうなんて、これからどうしよう……。)