無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

👽12👽✳フイ✳
あなた

なんで手握ってるんですか?

フイ
フイ
好きだから。
あなた

あなたside


💭え?なになになにからかってるのかな?それとも今私軽く告白されたの?

フイ
フイ
フイside


💭あーあなた困らせちゃったかな?めっちや戸惑ってるかわいいwwまぁここはあえて詳しく伝えないでおこう。
あなた

あっ、テレビ見に行きましょ!

フイ
フイ
そうだね(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)
みんなでガヤガヤテレビを見てます
キノ
キノ
ハッハッハッ!!www
ジノ
ジノ
おもしろww
ユウト
ユウト
たははは⤴︎ ⤴︎www
あなた

(わーどうしよまだフイオッパ手繋いでるし……)
あのーフイオッパ

フイ
フイ
ん?
あなた

て…

フイ
フイ
嫌だ?僕と繋ぐの
あなた

嫌じゃないけど、き緊張、しちゃうから//……

フイ
フイ
じゃあもっと緊張させてあげる。
あなた

えっ

フイ
フイ
好き(小声)
あなた

(ビクッ)

フイはほかのメンバーにバレないようにあなたの耳元で「好き」と連呼し続けた。
フイ
フイ
好きー好き好き好き(小声)
あなた

やめてください!他のみんなにばれます(小声)

フイ
フイ
バレないようにするから、言わせて?
あなた

ぇえー……

フイ
フイ
あなた大好き
好き好き好き
あなた

(もうだめ!心臓もたん!)

あなた

ちょっとトイレ行ってきますね!!!

ホンソク
ホンソク
いってらつしゃーい
シノン
シノン
いってらー
フイ
フイ
ニヤリ
あなた

フゥ…(トコトコトコ)

フイ
フイ
僕もあなたの後トイレ行ってくるわー
ヨウォン
ヨウォン
んーはいはーい
フイはあなたの後を追ってトイレに向かった
あなた

(んぁートイレに逃げ込むことが出来たー(✩´꒳`✩)心も落ち着いたしそろそろ出てフイオッパのアピールはまじでドキドキするからなるべく拒否ろww)

あなた

(ガチャッ)え。

フイはあなたをトイレに押し込んで2人でトイレに入り鍵を閉めた。

そしてそのままフイはあなたに壁ドンした。
あなた

出してください( ˘•_•˘ )

フイ
フイ
やーだー
あなた

なんでですか?

フイ
フイ
なんでそんなに冷たいの?嫌い?
あなた

そういうんじゃないですよ!ただ急にめっちゃアプローチ(?)されてなんか、戸惑いっていうか。。

フイ
フイ
じゃあ、ちょっと嬉しいってこと?( *´꒳`*)
あなた

……/////

フイ
フイ
(チュッ)
フイはあなたのほっぺたに軽いキスをした。
あなた

やめてくださいよ、、////そういうの。ほんとに出して。……

フイ
フイ
じゃーもう一回だけね!
あなた

だめです!

フイ
フイ
‪はいーはい
フイ
フイ
(ガチャッ)
あなた

トコトコトコトコ

フイ
フイ
んもぉー可愛くないなぁー
あなた

(はぁもうなんなのまじ////ずるすぎでしょ///)

イェナン
イェナン
ねえあなた見てみて!
あなた

ん?あはは!!!ほんとだやばおもろwww

ウソク
ウソク
こっち来てー
あなた

はーい

フイ
フイ
トコトコ
\フイオッパ帰宅/
あなた

(わ、やばきまずうー普通にしてよ。)

フイと目が合うあなた
フイ
フイ
(๑•̀ᴗ- )~♡*.
あなた

(うぉあっっウィンクしてきた。。どういうサイン。。無視無視)

フイ
フイ
(`ï½¥3ï½¥)