無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

👽14👽✳ホンソク✳
あなた

おーはよーございます(´ - ω - `)ってまだ誰も起きてないー
仕方ない起こしに行くかー

ホンソク
ホンソク
(つんつん)
あなた

うぉあっ!!

ホンソク
ホンソク
wwwおはよ
あなた

わーもう朝から心臓に悪い!いつから起きてたんですか?

ホンソク
ホンソク
あなたが落ちる前から起きてたー
あなた

そうならそうと早く言ってくださいよーもー

あなた

あ、私みんなを起こして来ます

ホンソク
ホンソク
いやぁ、いいよ大丈夫。みんな疲れてるからさ
あなた

でももう7時

ホンソク
ホンソク
いいのいいの!
あなた

はぁー…

あなた

みんなが起きるまで暇ですねww

ホンソク
ホンソク
てれびでも見てよー
あなた

そうですね

2人はソファに座った



あなたはリモコンを取ろうとしたとき
ホンソク
ホンソク
ねえ
あなた

ん?

ホンソク
ホンソク
やっぱりテレビ見るのやめない?
あなた

え、なんでですか?代わりに何するの?

ホンソクはあなたを3秒間ぐらい見つめた
あなた

???

ホンソク
ホンソク
キス。
あなた

え?ちょ

ホンソクはあなたが喋る前に口をふさいだ。
あなた

(なんで?どういうこと?)

あなたは突然の出来事で状況が把握出来なかった。ホンソクが舌を入れてこようとするのを必死で拒んだ。
ホンソク
ホンソク
なんでやなの?
あなた

私そんな軽い女じゃないですから。

そう言われるとホンソクはソファにあなたを押し倒した。
あなた

!?

起こしてよぉ!

ホンソク
ホンソク
なんだよ。前は俺にポッポしてくれたくせに。自分はするのに俺からはダメなんだ(・ε ・ ` )
あなた

だ、だって、酔ってたから…

ホンソク
ホンソク
酔ってても酔ってなくても一緒だよ?ね?
そういうとホンソクはあなたにまた深いキスをした。
ホンソク
ホンソク
んふぅぁ…///
あなた

はぁ////

ホンソク
ホンソク
かわい…//チュッチュッ
あなた

(ホンソクオッパってこんなSな1面あったんだ。でも流石にこの状況の私って、はたから見たらビッ〇過ぎるな。よし。やめてもらおう。)

あなた

あの。もうやめてください。

あなたは自分の口の前に手を置いた
ホンソク
ホンソク
なんで?嬉しそうな顔してたのに
あなた

軽いって思われたくない

ホンソク
ホンソク
ふーん意外と慎重なんだね。まぁ嫌ならいいけど。
あなたは自分からやめてと言ったが、いざ終わると少し寂しかった。
あなた

そ、そうです!ホンソクオッパも気をつけほうがいんじゃないですか??

ホンソク
ホンソク
なんだよその言い方ー
あなた

はいはい!もう今の一連の出来ごとは忘れて、みんな起こしましょ!!

ホンソク
ホンソク
俺はずっと覚えてるからね?
あなた

っ////勝手にどうぞ!!/////

ホンソク
ホンソク
怒ってるあなたもかわいい♡
あなた

あーもぉっ!///