無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

👽40👽
in会社
マネージャー
マネージャー
あ!おそかったじゃんもー
ホンソク
ホンソク
すみません。これには理由があるんです。
マネージャー
マネージャー
そんないいわけしないっ…て、あなた泣いてるの?…
キノ
キノ
まずは、先に何があったか話します。
あなたはカフェで何が起こったのか説明した。
あなた

ほっ、ほんとに私怖くて……抵抗したけど、…力が強すぎてっ……(ガタガタ)

CUBE社長
CUBE社長
とりあえずこのことは警察に言わないとどうにもならん。あなた、今からマネージャーとあとー一緒にカフェに行った人で警察に行くんだ。
あなた

はいっ泣
ご迷惑をおかけして本当にすみません…

ユウト
ユウト
あなたはわるくない。
ジノ
ジノ
そうだよ。大丈夫
フイ
フイ
あなたには筋肉ムキムキのオッパが9人もついてるからね!
イェナン
イェナン
ヨシヨシ(。´・ω・)ノ゙
シノン
シノン
あなたにそんなことしたなんて。人間じゃないよ。ほんとき許せない
CUBE社長
CUBE社長
一旦ミーティングは中断!それよりもこっち優先だ。
マネージャー
マネージャー
じゃぁ、行くよ
ウソク
ウソク
いこ
あなた

うん……(ガタガタ)

ガチャッ


ホンソク、ユウト、キノ、ウソク、あなた、マネージャーは警察署にむかった。
・
・
・
・
ヨウォン
ヨウォン
はぁー………。
シノン
シノン
なんでこんなことが起きるんだよ。
ジノ
ジノ
クソっっ!!腹たってきた!!
イェナン
イェナン
しかもその後逃げたんでしょ!?タチ悪い
フイ
フイ
これで犯人が捕まってあなたに何も無いといいんだけど
シノン
シノン
何も無いといいって、特に痛いところはないって言ってましたよ?
フイ
フイ
違う違うそうじゃなくて
CUBE社長
CUBE社長
精神的なことだよな
フイ
フイ
そうです。
シノン
シノン
あぁー。。
ヨウォン
ヨウォン
僕、なんか涙出てきた…(泣)
イェナン
イェナン
僕まで泣きそうになるじゃん!もーらやめでよおおお(涙)
ジノ
ジノ
もう泣いてるでしょー
イェナン
イェナン
わーん(号泣)
・
・
・
・
数時間後
マネージャー
マネージャー
ただいま戻りました
CUBE社長
CUBE社長
どうだった!!?
フイ
フイ
((;゚д゚) ゴクリ…)
ホンソク
ホンソク
すぐに捜査を始めてくれるそうです。
CUBE社長
CUBE社長
そうか…ならいいけど
シノン
シノン
大丈夫?あなた
あなた

…。

キノ
キノ
もう安心していいんだよ。
あなた

ぅ、う……ん。。

CUBE社長
CUBE社長
とりあえず今日のPENTAGONのスケジュールは全部中止。明日も明後日もその来週も来月も、あなたについてのスケジュールはどうなるかわからん。みんなでゆっくり考えていこう。
ジノ
ジノ
はい
マネージャー
マネージャー
帰るか。。
ウソク
ウソク
そうですね…