無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

👽6👽
あなたはみんなの為に朝ごはんをつくる。。
あなた

オッパ達できましたよー

ヨウォン
ヨウォン
おいしそー!
キノ
キノ
ありがとー!
フイ
フイ
いただきまーす!
ジノ
ジノ
あなたは料理うまいんだね!
あなた

あはは!ありがとうございます( *´꒳`*)よかったー

イェナン
イェナン
あなた!隣座ってー!(イェナンはあなたの手をひっぱって隣に座らせる)
あなた

あぁー!わかりましたわかりました!

イェナン
イェナン
やた( ˙꒳​˙  )
ユウト
ユウト
これほんとおいしいよ
ホンソク
ホンソク
お!あなたユウトがこんなに感情を出して、言うんだから、そうとう美味しいってことだよ!
ウソク
ウソク
たしかにー
ユウト
ユウト
いや、ほんとに美味しいからそりゃ美味しいっていうでしょ
ヨウォン
ヨウォン
よかったね!
あなた

はい!

キノ
キノ
あなたも食べなよ!
あなた

あっそうですね!いただきまーす

PENTAGON
PENTAGON
ごちそうさまでしたー
ホンソク
ホンソク
僕お皿洗うよ!
あなた

ありがとうございます!さすがオンマ~

ヨウォン
ヨウォン
あ!僕も手伝います!!
あなた

ありがとう!!!

ジノ
ジノ
あなた。ちょっと部屋来て……。
あなた

え?あ、はい。(なんだろう)