無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

大智と夜のオアソビ
6,216
2018/05/13 15:29
あなた

え、体洗うの?

大智
嫌とか言うんじゃねーぞ
あなた

も、もちろん分かってるわよ

大智
ここ!念入りにお願い
そう言って大智は男のアレを指さした。
あなた

ん。

大智
優しくだぞ、優しく
あなた

はいはい。

大智
まだ汚い。
あなた

もういいでしょ

大智
あなた

さ、出よ

ここからだった。大智が豹変したのは。
あなた

着替えどこだっけ?

大智
服は着なくていい
あなた

へ?

大智
こっち来い
抱きかかえられた。
そして、ベッドに押し倒された。
あなた

キャッ

大智
何回目だよ?もう慣れてんだろ。
あなた

う、うん。

大智
体キレイに洗ってくれなかったお仕置きはたっぷりとしなくちゃな。
ガサゴソ
大智
あった
ラブローション
と書かれたボトルを取り出した。
大智
さ、て、と、
そう言いながら大智はそれを私の秘部と胸の先端にたっぷりと塗りたくった。
大智
ちょっと待ってろよ
なんか塗りたくられたところがジンジンして来た。
あなた

ね、ねぇまだぁ?

大智
良く待てました。( T_T)\(^-^ )
大智
さ、始めますか。
そう言って大智はバイブを取り出した
大智
、とその前に
大智は私の胸の先端を触り始めた
あなた

ンッ///