無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
119
2019/07/10

第1話

入学式
中学校の入学式だ
私はその時、
自分
自分
(いじめられないかな
怖いな)
と思った
だって、友達とはクラスも違うし、不安でいっぱいだった

教室に入り、ホームルームが始まった
先生はとても優しそうだ
でも、先生何だかモジモジしていると思ったら
先生
先生
えっ?
緊張しないんすか?
先生が緊張していた
でも、その時のクラスのみんなは
みんな
うん
してない
先生
先生
マジっすか?
みたいな反応だった
このクラス大丈夫そうって思ったのもつかの間だ

入学式から一週間後ぐらい
1人のクラスメイトに話しかけられた
クラスメイト
クラスメイト
自分さんはなんの部活に入るの?
と聞かれ
自分
自分
えっと
バドミントン部に入るつもり
と答えた
きっと
クラスメイト
クラスメイト
ふぅーん

(こいつと話しても面白くなさそう)
って思われたかもしれない
その時はまだされてなかった
でも、男子は菌扱いをしていた
イライラしたけど何とか収めた

その後が地獄だった
学年全員避けてきたのだ

それが嫌で1年間休み休みで学校に行った
大きな行事が終わったあとは、休む回数も増え、三学期は全部休んだ

その少し前に今の親友ができた

その子も避けられているから気があった
どんな感じていつからなのか
面白おかしく話し合った

冗談で
親友
親友
あいつに腹パンしたい‪w
自分
自分
‪w‪w‪w
みたいに話していた
病むまでは

辛すぎて心身ともに病んでしまって学校に行きたくなかった
それと同時にTwitterの質問箱で暴言を吐かれ、「学校に来んな」「〇ねブス」とか言われ、本当に自殺したかった
けど、死んだって何も変わらないって思って
今を生きている

これで1年生は終わった
自分
自分
これは1年生の時の話で、実話です
うる覚えのところばかりですが、次は2年生の時の話を書きたいと思っています
見たい人だけ見てください
親友
親友
初投稿で下手ですが見てくれると嬉しいです