無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
放課後

🐰目線
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ緊張する!
あっヨンジュン先輩来た

🦊「どしたの?」

🐰「ヨンジュン先輩!僕、ヨンジュン先輩の事がすっすきです。良かったら付き合って下さい!」

🦊「え」

🐰「嫌だった?ならごめんなさい。」

🦊「いやいや取り敢えずありがとう。実は俺もスビナの事すきなんだ」

🐰「え?本当?嬉しい!」

🐰目線
やっとヨンジュン先輩と付き合えた。絶対手放せない。